老健の看護師が「辞めたい」と思った時の対処法!!私が老健を辞めた理由

「全然思ったような職場じゃない」
「老健ってこんなところだったの?」
「キツイ…辛い…」
「病院がいいな…」

看護師さんが老健で働いていると
病院で働いているのとはちょっと違う悩みが出てくるんですよ!

私は老健で働いていた時
体調を壊して入院したことがありますよ!

体を壊すほど自分には合わない職場だったんですね。

その経験も含めて、
看護師さんが老健で働いていてやめたいと思ったとき
どうするべきなのかをご紹介しますね。

老健をもし辞めたい方は
自分がこれからどう動けばいいのか知りましょう!

看護師さんがこれから老健で働きたいと思っている場合は
老健では看護師がどういう仕事をして
何に悩むのかチェックしておきましょう!

悩みながら老健で看護師を続けていくのか
メリット・デメリットを知ったうえで
看護師として老健で働くことを選ぶか
この記事を読んでしっかり考えていきましょうね!

➡︎【参考記事】 看護師の転職は3ヶ月でもあり!?3ヶ月目の転職のメリット・デメリット

看護師さんが老健を辞めたいと思うポイント①看護師の責任が重い

老健で働く看護師さんは責任が重いんですね。
それに耐えられなくて辞めたいと思う時があります。

日中は常勤の医師がいますが、夜間は責任者が看護師になります。

はっきり言うと
責任が重いことについては慣れていくしかない部分なんですよね。

病院勤務の場合、病院の診察時間中は医師が必ずいますよね。
医師がいない時間がある、というのは老健ならではといえます。
この点は働くにあたって一番心配になる部分ですよね。

例えば、
夜間は、看護師が一人しかいないので、
すべての入所者の方の状態を把握しなければいけませんよね。
もちろん介護士のスタッフは居ますが、指示を出すのは看護師である自分一人になっちゃうんですね。

何か急変や事故が起こった時、
どう対処するかは
「すべて自分の判断にゆだねられる」ことになるんですよね。

そんな夜勤が月に5~6回はあります。

なので
新卒で老健に就職するのはおすすめしません

色んな疾患や治療・急変・事故が起こった時の対応を見た経験がないからです
何かあった時の対応ができないんですね。

ですので

  • 自分の経験が不足していて、急変時の対応ができない
  • 夜間医師がいない間の責任が重い

ということが辞めたいポイントになることがあります。

解決策

  • 日々勉強していくこと
  • 慣れていくこと

でしか解決できません・・・。

それが無理なら職場を変えるしか無いですね!

➡︎【参考記事】 看護師さんが2年目で病院辞めたい!!経験者の私が語るメリット・デメリット

看護師さんが老健を辞めたいと思うポイント②看護師の仕事が雑

看護師さんが老健を辞めたいと思うポイントに看護師の仕事が雑で
低レベルな看護に幻滅して辞めたいと思うことがあるんですね。

こう感じてしまった場合は

  • 死ぬ気で頑張って業務改革を行う
  • 辞める

しか方法はありませんね。

老健で看護師は、入所者さんに対してこれらのことを主に行います。

  • 健康観察…バイタルチェック、排便管理、内服管理、口腔ケア、褥瘡ケア
  • 異常の発見…骨折、浮腫、皮膚の観察、褥瘡の有無
  • 急変時の対応…感染症の発生時の対応、入所者さんのケガ・転倒、急変時の対応など
  • 日常生活援助…トイレ誘導、食事介助

これ、ほとんど一人でやるんですね。
ぶっちゃけ時間が全然足りません

私の働いていたところの話なんですけど、
入職して先輩看護師のやってることを教えてもらってたんですね。
でも、すべてがすごく雑なんです!笑
時間がないからとにかく雑で汚い!笑

例えば、お風呂上がりの処置で、体に軟膏を塗ることがあったんですけど
1人軟膏を塗ったら、その手袋をつけたまま、他の人に軟膏を塗ったり
その手袋のまま、ほかの軟膏を取ってさらにほかの人に塗ったり。
手袋は使いまわすし、移る病気だったら感染させて回ってるし、軟膏は混ざるし、最悪ですよね!!

こういった施設で、
自分は正しい方法でやっていたとしても、
「うちではこうだから」という名目で悪い方に矯正されることがあります。
間違っている手技なのにそれをやらなければならない苦痛はものすごいものです。

犯罪とわかっていて、やりたくないのにやらされているのと一緒ですからね

こういう施設の場合
上司を変えるのは到底無理です。

自分だけでもきちんとした手技を提供しようとしても
続けるうちにメンタルがつぶれますよ。

ですので
こういった場合は則辞めることをお勧めしますね。

解決策

  • 死ぬ気で頑張って業務改革を行う
  • 辞める

上司や会社のやり方を変えるのはすごく時間がかかります。
ですので、転職するのが一番効率的かと思います。

➡︎【参考記事】 看護師の転職は何歳までOK!?何歳でも転職を成功させる4つのコツ!!

看護師さんが老健を辞めたいと思うポイント③介護士さんが怖い

看護師さんが老健を辞めたいと思うポイントに
介護士さんが怖くて無理!!
と思うことがあります。

介護士さんが怖く感じたら
自分の方からの歩み寄りが必要になりますね。

老健と病院との違いは
看護師さんよりも介護士さんの数が多
仕事も介護士さんに任せるものが多いことなんですね。

老健では、

  • 病院を退院してもすぐに自宅に戻ることは難しい方
  • 日常生活に医療の援助が必要な方

こういった人たちのケアを行いながら
リハビリやオリエンテーションもして帰宅を目指しています。

ということなので
家に帰るために必要なケアを考えるのが
医師と看護師ということになるんですね。

看護師は介護職員に対しては指導的な立場になります

「あのひとは言うばっかりで何もしない看護師」

と思われている場合
介護士さんからの態度は友好的にはなりませんよね。(^_^;)

ですので
看護師のほうから介護士さんに対して
積極的にコミュニケーションをとったり
手が空いているときはお手伝いしたほうがいいですね。

また
介護士さんたちには疾患に対する専門的な知識がありません。

なので
看護師のほうから疾患や障害・ケア内容についての
勉強会を提案したり
会議の場でも積極的に発言をして
改善できるよう努力をするといいですね。

解決策

介護士さんに信頼されよう

  • 勉強会を提案
  • コミュニケーションを積極的に

➡︎【参考記事】 看護師の転職で併願するのはOK??併願転職を成功させる3つのコツ!!

看護師さんが老健を辞めたいと思うポイント④入居者さんがかわいそうに感じる

老健をやめたいと看護師さんが思うポイントに
「入居者さんがかわいそうに感じる」というものがあります。

これを感じた時の対応は会議で問題提起をするか、その施設をやめるかの2択になりますね。

入居者さんがかわいそうと思うポイントは様々あります。

  • スタッフの教育がされていないことで起こるもの
  • 施設の方針が適切でなくて、問題に対する解決方法がまともにできていないことで起こるもの

この二つに分けられますね。

スタッフの教育がされていないことについては
会議で問題提起をすることでみんなの意識を変えることはできます。

施設の方針が適切ではないと感じている場合
自分の努力で変えられるものではありませんよね。

そういった場合は辞めるしか選択肢がないんですね。

入居者さんがかわいそう

なんとかして
施設・上司の考え方を変えて
入居者さんの環境をいいものに変えていきましょう。

➡︎【参考記事】 看護師の2年目で転職した私がクリニックを選んで良かった5つのこと!!

看護師の私が老健を辞めるのを決めた話

実は看護師の私は数ヶ月で老健を辞めました。

私が働いていた老健施設での話なんですけど
いろんな場面で清潔と不潔が区別されていなくて
とにかくひどかったんですね。

最初の例で挙げた
軟膏と手袋の使いまわしもひどいんですけど
入浴の後の足ふきマットが全然洗われないんですね。

入浴後に使ったべちゃべちゃな数十枚もある足ふきマットを
洗いもせずそのまま
ひょいっと手すりに掛けて置いておくだけなんです。

そして翌日もその翌日も洗いもせず
濡れて、掛けて、濡れて、掛けて…の繰り返し。

ギョッとしますよね!!!

そのせいか水虫が蔓延していました・・・。

あと
体のかゆみがいつまでも消えない入居者さんが多かったです。

他にも、
見えないところで入居者さんに意地悪をしている介護士さんがいたり

排せつ介助した後の手袋のまま記録をして
その記録用紙を、みんなが会議したり
配役の薬を砕いたりする机に置いていたり

トイレに行って濡れた靴のまま入居者さんをベッドに横にならせて
横になった後に靴を脱がせたり…

ほんとうにとんでもない施設でした。

ここまでひどいことに驚いて
「何とかしよう!」と、上司に話をしていましたが

「うちではそういうやり方だから」
「本当はきちんとすべきなんだけどね、実際はね~(苦笑)」

といって問題意識さえ持ってくれませんでしたね。

職員も仕事が楽になって
入居者さんも居心地が良くなればいいなと思って
業務改善の提案などしたんですが
そんな状況に疲れて、私が腸炎になって入院してしまったんですね。

それで辞めることを決意しました。
辞意を直属の上司に伝えると、

「辞めるのはいいけど、みんなをひっかきまわさないでね」
と言われたんですね。

それで、
「この施設はこの人が上に立っている限り絶対に変わらない!」
と確信しましたね。

何かを変えたいと思う時は一人の判断では変えられないので、
会議などみんなが集まる場面で問題点を投げかける必要がありますね。

そして
施設や上司の考え方が悪い意味で固まっている場合
それを変えることは無理ですね。

ですので
できるだけ早く辞めることをお勧めします!

ヤバい上司がいるなら

施設・上司の考え方を変えるのは難しい。
だから転職するべき。

➡︎【参考記事】 やらなきゃ失敗する!?看護師の転職で在職中にやるべき6つのこと!!

看護師さんが老健を「辞めたい」と思った時のまとめ

看護師さんが老健をやめたいと思うポイント:看護師の責任が重い

  • 自分の経験が不足していて、急変時に対応ができない
  • 夜間医師がいない間の責任が重い

この二つが嫌だと感じている場合は、
日々勉強していくことと、慣れていくことでしか解決できません。

看護師さんが老健をやめたいと思うポイント:看護師の仕事が雑

上司の仕事ぶりを変えるのは到底無理です。
自分だけでもきちんとした手技を提供しようとしても
続けるうちにメンタルがつぶれます。
なので、こういった場合は則辞めることをお勧めします。

看護師さんが老健をやめたいと思うポイント:介護士さんが怖い

看護師のほうから介護士さんに対して積極的にコミュニケーションをとったり
手が空いているときはお手伝いしたりしたほうがいい。
看護師のほうから疾患や障害・ケア内容についての勉強会を提案したり
会議の場でも積極的に発言をして、改善できるよう努力をするといい。

看護師さんが老健をやめたいと思うポイント:入居者さんがかわいそう

会議などみんなが集まる場面で問題点を投げかける必要があります。
施設や上司の考え方が悪い意味で固まっている場合
それを変えることは無理なので、できるだけ早く辞めることをお勧めします!

➡︎【参考記事】 看護師の転職は何ヶ月前から準備すべき??看護師転職成功への6ステップ


ということで、
看護師が老健をやめたいと思う時どうすればいいのか、解決策をご紹介してきました。

人を変えることは難しいので、自分が変わるしかありません。

これから老健で働くことを選ぶのか
よりよい職場を探して転職をするのか
しっかり考えてみてくださいね。

CHECK!【実体験】転職なんて諦めかけてた私の転職ストーリー

私は本気で看護師さんに幸せになって欲しい

私は辛いままの看護師さんを救いたい!

これまで書いた記事は200記事。

これだけ情報を集めてきて思うのは
耐えてるだけでは状況は変えられないってことです。


看護師れもん

給料が低くても
体が、心がボロボロでも
耐えてるだけでは何も変わりません!


そんな中一番確実で簡単なのが転職することです。


  • 職場では怒られてばかり
  • 会話すら楽しめない
  • 勤務中に涙が止まら無い
  • 心に余裕がなくて家族にも迷惑をかける

こんな暮らしをしてきた看護師さんが、1ヶ月後には


  • 給料が上がった
  • 同僚との会話が楽しい
  • 子供と会える幸せな毎日
  • プライベートも楽しめる

って暮らしをしてたりします。

看護師れもん

行動した人の生活は
変わっていっています!


学生時代から勉強して受験に受かって
看護学校で勉強し
壮絶な看護実習を仲間と乗り越えて
晴れて看護師になって・・・我慢地獄。



こんな人生おかしい!
苦しいだけの看護師はやめましょう!


看護師って、もっと幸せに働くことができます。

4つのポイントさえ押さえれば
看護師で超幸せになることは可能なんです!


看護師として幸せになる転職術をこちらの記事で解説してます!
耐えるだけの看護師を終えたい方は読んでみて下さい。


看護師れもん

この記事があなたの人生の転機になる!

CHECK!「看護師の幸せを作る4ヶ条」これさえ知れば転職も安心!

何もしなかったら変わりませんよ!^^;


忙しいのはわかりますが、いつだって忙しいはず・・・。


今、1分読んでみるだけで
この先30年の人生が変わるかもしれないんですから
ちょっと立ち止まって読んでいって下さい♪



ポチッとすればシェアできますよ♪