看護師が大学病院が辛い辞めたい……。【幸せナースへの転職先リスト】

新卒で
これから看護師として働くことに
誇り希望を感じながら、

大学病院に入職した春。

 

あれから幾年・・・

当時の希望に溢れた思いは
どこへやら・・・

次から次へと仕事は増える一方で、

プライベートなんて皆無!!

 

職場と家を往復するだけの日々・・・

かといって、

大学病院のやり方や、
充実した設備
染まってしまった以上、

他の病院でやっていくだけの
自信が無い!!

 

辛い、辞めたいけど、
どうしたらいいの~!?

そんなお困りの看護師さんへ、

この記事では、

大学病院って実際どうなの!?
と改めて振り返ります!

 

大学病院で働くデメリットや
大学病院から転職するコツ

スキルに悩むことなく働ける
おすすめの職場
ご紹介していきますね!!

 

これを読めば、

なーんだ!!
別に大学病院にこだわる必要ないじゃん!!

看護師の世界は広い!!

って吹っ切れますし、

もっと自分に合った
働く場所が見つかりますよ~

CHECK!【実体験】 「看護師辞めたい3年目。あの時転職してれば……」6年目の私の後悔。

看護師にとって憧れの大学病院が、辛い辞めたい理由とは!?

①大学病院の看護師は仕事が忙しい上に、次々仕事が割り振られる

看護師が大学病院で働くと、
辛く辞めたくなるのは、

仕事が忙しい上に、
どんどん仕事が割り振られるからです。

 

というのも、
重症患者緊急入院の受け入れ数が
めちゃくちゃ多い!!

 

患者の稼働率を上げるために、

「早く退院させて!!」

「入院くるから患者さんを他病棟に押し出して!!」

検温や検査出し、保清、
処置の介助などの通常業務。

 

さらに

転入・転出などの
他病棟との事務的な手続きなども
行わなければなりません。

それ、
私が今やらないと
いけませんか!?

って何回
心の中で叫んだでしょう・・・

やらないといけない事が消化出来ずに、
上からどんどん仕事が降りてきて、

永遠にテトリスやってるようなもの。

 

ですから、
看護師が大学病院で働くと、
辛く辞めたくなるのは、

仕事が忙しい上に、
仕事が次々割り振られるからなんです。

②大学病院の看護師はインシデントを起こせば戦犯扱い

看護師が大学病院で働くと

インシデントを起こせば、
戦犯扱いになるから、

辛く辞めたくなるんです。

 

というのも、
大学病院はインシデントの扱いは
非常に厳しく

一般病院でインシデントに含まれないこと
インシデントになります。

 

もちろんインシデントは
あってはなりませんし、

起こった原因を追究し、
改善策を考えるのは当たり前ですよね。

 

でも、それが
スタッフの周知のためでなく、

個人への集中非難
だったらどうですか?

 

緊張感+恐怖心が加わったら
看護師にかかるプレッシャーは
相当なものになっていしまうんです!!

 

ですから、
インシデントを起こせば、
戦犯扱いになるから、

辛く辞めたくなるんです。

CHECK!【実体験】私、2週間で育休明け転職に大成功しました。

③大学病院の看護師はやりたいことは病院都合でダメ

看護師が大学病院で働くと
辛く辞めたくなるのは、

やりたいことがあっても、
病院都合でダメになってしまうからなんです。

 

というのも、
これだけ身を粉にして働いてるんだから、

そろそろ希望の部署に
異動させて欲しいと思っても無理だったり。

 

「今月も来月も退職者がいて、時期的に難しいから無理。」

「今抜けられると困るのよ。」

思い通りにいかないことばかり。

 

特に、
経験年数が上がるにつれて、

希望じゃない部署に
いきなり異動させられたり、

役職が付いてしまうと、
やりたいことを諦めざるを
得ないケースが多いんですね。

 

ですから、

看護師が大学病院で働くと
辛く辞めたくなるのは、

やりたいことがあっても、
病院都合でダメになってしまう
からなんです。

 

④大学病院の看護師はプライベートの時間が無い

看護師が大学病院で働くと
辛く辞めたくなるのは、

プライベートの時間が無いからなんです。

 

というのも、
大学病院は教育重視
なので、

勉強会・研修会・委員会
とくに多い!!!

 

勤務後や土日などの
プライベート時間を
かなり費やさなくてはなりません。

 

ただでさえ、
残業や夜勤回数が多いのに、
プライベート時間を削られると、

ここまで仕事漬けになる日々に
意味が見出せません

 

ですから、
看護師が大学病院で働くと
辛く辞めたくなるのは、

プライベートの時間が無いからなんです。

CHECK!【実体験】超不利な状況から2週間で内定を獲得できた理由

⑤大学病院の看護師は家庭との両立に理解が得られず、肩身が狭い

看護師が大学病院で働くと
辛く辞めたくなるのは、

家庭との両立に理解が得られず
肩身が狭いからなんです。

 

というのも、

大学病院で働くのは
20~30代の若手看護師
もしくは独身が多いんです。

 

既婚者、
特に子育て看護師は少数派なんですね。

子供の体調不良で
すんなり休めて良いよね~

保育園の迎えなら、
残業せずに帰っていいんだ

なんて、
職場の理解の無さ
苦しむケースがあります。

 

時間外や夜勤で
ろくに休めない上に、

家事や育児で
自分の時間が無い辛さを、

結婚や出産していない人は想像出来ません。

 

ですから、

そういった大変さを
理解してくれない

二重の辛さ
感じてしまうんですね。

 

というわけで、

看護師が大学病院で働くと
辛く辞めたくなるのは、

家庭との両立に理解が得られず
肩身が狭いからなんです。

CHECK!【参考記事】 看護師は働きすぎ!!残業に過労に長い労働時間……全部解決する方法とは

看護師が大学病院辛いけど辞められない、そのジレンマの正体は○○!?

看護師が大学病院が辞められない理由①看護技術的な問題

看護師が大学病院を
辞めたくても辞められない、
その正体は、

看護技術的な問題です。

 

というのも、
大学病院は職種によって
役割が細分化されています。

 

研修医がするので、
看護師が採血やルート確保をしない

っていうのは、
有名な話ですよね~

 

ところが!!!

 

他の病院は医師が
圧倒的に少ないので、

看護師でも出来る技術は
全て看護師がやります

 

同じ新卒でも
他の病院に就職するか、
大学病院で就職するかで、

看護技術に大きな差
出来てしまうんです。

 

つまり、
即戦力にならない!!

 

ですから、

看護師が大学病院を
辞めたくても辞められない、

その正体は、
看護技術の問題なんです。

看護師が大学病院が辞められない理由②環境的な問題

看護師が大学病院を
辞めたくても辞められない、

その正体は、
環境的な問題です。

 

というのも、
大学病院では最先端医療が
行われてますよね。

 

そういう看護に
やりがいや魅力を感じるなら、

他の病院に転職したら
物足りなさ
感じるかもしれませんね。

 

また、
病院の医療機器も
大学病院なら性能の良いものが
揃ってますが、

他の病院では大学病院で
すでに使われなくなったような
古い機器が普通に使われてます。

 

ですから、

あまりの環境の違いに
抵抗を感じてしまう
ことも多いんですね~。

 

というわけで、

看護師が大学病院を
辞めたくても辞められない、

その正体は、
環境的な問題なんです。

CHECK!【実体験】転職なんて諦めかけてた私の転職ストーリー

看護師が大学病院が辞められない理由③プライドの問題

看護師が大学病院を
辞めたくても辞められない、

その正体は、
プライドの問題です。

 

というのも、

大学病院の看護師として
申し分ない環境で仕事を
していることから、

他の病院の看護師より優れている
と勘違いしてしまう人がいます。

 

いざ転職して、

こんなやり方でまだやってるの!?

それくらい
一から言われなくても分かってる

と感じてしまうことも
少なくありません。

 

「大学病院出身」
というプライドが邪魔をして、

新しい職場が
受け入れられなかったりするんです。

 

反対に、
周りのスタッフから

「プライドが高くて嫌だな」

とレッテルを貼られて
職場で浮いてしまう
でしょう。

 

ですから、

看護師が大学病院を
辞めたくても辞められない、

その正体は、
プライドの問題ですね。

CHECK!【実体験】私が感じた看護師転職の実際「聞いてた話と全然違う」

看護師が大学病院が辞められない理由④お給料の問題

看護師が大学病院を
辞めたくても辞められない、

その正体は、お給料の問題です。

 

というのも、

看護師数が絶対的に多いですし、
福利厚生が整っているからなんです。

給料はと言うと、
一般的な病院が平均月収30万円。

 

これに対し、
大学病院は35万円前後です。

年収で考えると
大きな差になりますよね。

 

初任給では一般的な病院が
高いこともありますが、

大学病院は
確実に昇給するので、

5年も経てば、
大学病院看護師の方が
年収は高くなります。

 

ですから、

看護師が大学病院を
辞めたくても辞められない、

その正体は、
お給料の問題なんですね。

CHECK!【実体験】初めての転職は不安だらけ!!【失敗を乗り越えた今。伝えたいこと】

看護師が大学病院辛い辞めたい
転職したら幸せになった!?


大学病院には他の病院とは
色んな面で異なるので、

簡単に転職しづらい

と感じてしまって

大学病院から抜け出せない
看護師が多いんですね~

私、ずっとこれから
大学病院に縛られなきゃ
いけないの!?

そんなことないですよ!!

 

ここからは、
勇気を出して一歩踏み出して、

幸せになれた看護師
体験談をご紹介しますね♪

大学病院から一般病院に転職した看護師

大学病院で5年間勤務しましたが、

大学病院特有の勉強会・研修会、
新人指導の計画や振り返りなどで

プライベートの時間が削られ、

自分のやりたかったことが出来ず、
ON・OFFの切り替え
上手く出来ませんでした。

 

心身共にハードで
体調を崩すようになり、
転職を考えました。

 

転職先の一般病棟は
年齢層も大学病院より高めで、

新人指導に追われることは
ありません。

 

給料は少し下がりますが、

なにより有給が使えるようになり、
やりたいことが自由に
出来るようになりました!!!

 

転職して幸せだな
って思います!!

 

また、

「点滴は看護師はやったことがない」

というとみんな驚きますが、

最初から素直に
出来ないことを伝えた方が
印象は良いですし、

フォローしてもらえますよ。

大学病院から総合病院に転職した看護師

結婚を機に7年務めた大学病院を
退職しました。

病棟勤務は残業は当たり前。

 

家庭との両立が不安
だったのもありますが、

殺伐とした中での看護
に疑問を感じ、
環境を変えたかったんです。

 

今は総合病院で
患者中心の看護
実感してます。

 

看護師として働けることに
幸せを感じています。

 

無理な残業、
休日の勉強会参加、
夜勤明けの委員会参加は

もちろんありません。

 

転職することで、
広い視野で看護が
見られるようになりました。

 

こんなにも自分が
一つの方法に捉われてたんだなって。

 

転職してすぐの頃は
スキルに不安がありましたが、

ある程度基礎が自分の中にあれば
応用は効くので、
恐れることはないですね。

育休から大学病院に復帰し、クリニックに転職した看護師

育休が明けて、
働いていた大学病院に復帰しました。

忙しくなるだろうと
思っていましたが、

家庭の仕事を両立
出来るよう頑張ろうって思って決断しました。

 

ところが!!!

 

ブランクはあるものの
即戦力扱いで、

丁寧にフォローしてくれる人が
いないまま業務を任され、

「これくらい出来て当然」

という雰囲気があって
誰にも聞けなくて辛かったです。

こんなはずじゃなかった・・・

って後悔する日々

あまりストレスを抱えてしまうと
家族心配をかけてしまうので、

復帰してから3カ月後に退職。

 

クリニックに転職してからは
目から鱗が落ちることばかり!!

 

大学病院で常識だったことが
クリニックでは堅すぎる
って言われることも多く、

最初は

「何ていい加減な!!!」

って思いましたが、

看護師って全国共通の国家資格なのに、
場所が変われば色々変わるんだな~

って思えるようになりました。

 

業務フォローもついて、
体力的にもキツくないので、

大学病院辞めて良かった
って思いますね。

CHECK!【参考記事】 2年目で転職した私がクリニックを選んで良かった5つのこと!!

看護師が大学病院辛い辞めたいなら「求めること」をハッキリさせよう!!


看護師が大学病院辛くて辞めたいなら、
転職先で何を求めるか
ハッキリさせましょう!!!

 

なぜなら、

目指す将来象を
ハッキリ思い描くことが出来たら、
転職もうまくいきやすいからです。

 

先程の転職して
幸せになった看護師たちも、

「やりたかったことをやりたい」

「自分らしい看護がしたい」

「家庭と仕事を両立したい」

このように、
目指したいものがハッキリしてますよね。

 

例えば、

転職先に求めることの具体例

  • 大学病院は時間外の研修や員会、
    勉強会が多すぎて辛いから、

⇒時間外研修の無い、
または研修に出たらその分
残業手当が付く病院が良い。

  • 大学病院は重症や緊急入院が多くて、
    いつも責任やプレッシャーに
    追われるのが辛いから、

⇒症状が安定している患者さんの多い職場、
緊急入院のない職場が良い。

  • 大学病院では、
    結婚や妊娠って伝えると
    上司に嫌な顔されるし、
    周りのスタッフの視線が冷たいから、

⇒結婚や妊娠を一緒に喜んでくれて、
家庭との両立がしやすい職場が良い。
ブランク明けでも働きやすい職場が良い。

  • 大学病院では採血や点滴などの、
    看護技術が身に付かず
    転職しても即戦力になれないから、

⇒基本的な技術がある程度
フォローして貰える職場が良い。
難しい看護技術を必要としない
クリニックなどで働きたい。

と、このように
求めることをハッキリさせると、

より自分にあった転職先
見えてきませんか?

 

そうすれば、
転職した後のミスマッチ
防ぐことが出来ますよ♪

 

ですから、

看護師が大学病院辛くて辞めたいなら、
転職先で何を求めるか
ハッキリさせましょう!!!

CHECK!【実体験】初めての転職は不安だらけ!!【失敗を乗り越えた今。伝えたいこと】

看護師が大学病院辛い辞めたい・・・総合病院でワンクッション置く!!


看護師が大学病院辛くて、
辞めたいなら

ギャップの少ない総合病院
ワンクッション置く
ことを、おすすめします!!

 

というのも、
総合病院で採血や点滴などの、
基本の看護技術を学んでおけば、

結婚して家庭を持ったあと、
ブランク明けで復帰した時でも、

転職の幅が広がりますよ♪

 

総合病院の規模は、
大学病院と中小規模病院の
ちょうど中間くらいで、

働く看護師も、
大卒と専門学校卒が
半々くらいですね。

 

ですから、
中途採用者の教育体制
しっかりしているので、

看護技術に不安のあるあなたでも、
周りのスタッフから支援と指導を
受けやすいでしょう。

 

それに大学病院ほど
研修や勉強会は多くないですし、

仕事でプライベートが削られることも
少ないです。

 

一つ注意したいのが、

総合病院でも残業は発生します。

 

残業時間は病院によって
結構差があるので、

残業時間の少ない病院
選ぶようにして下さいね~

 

というわけで、

将来を考えて、
時間外の研修や勉強が多くて
辛い大学病院を辞めて、

総合病院で看護技術を磨くのも
アリなんですね。

 

ただし!!!

 

総合病院は大学病院に
近い性質を持つので、

大学病院のメリットを受けつつ、
デメリットを「軽減」
出来るというだけのこと。

 

転職先に求めたいことを
完全に叶えられるわけではありません!!

 

自分の求める転職先を
見つけるには、

次のステップへ進むことをお勧めします。

CHECK!【参考記事】 看護師は働きすぎ!!残業に過労に長い労働時間……全部解決する方法とは

看護師が大学病院辛い辞めたい【望みを叶える転職先リスト】

〈転職先に求めること〉 〈おすすめ転職先〉
オールラウンダーな看護師になりたい 中小規模病院or訪問看護
激務から解放されたい クリニックor介護施設orデイサービス
心に余裕を持って働きたい クリニックorデイサービス
子育て・家庭との両立 子育て看護師が多い職場
勉強会・研修会が少ない クリニック

中小規模病院

看護師が大学病院辛くて辞めて、
オールラウンダーな看護師になるには、

中小規模病院へ転職しましょう。

 

中小規模の病院というと、
イメージ付きにくいですが、

総合病院や大規模病院に
入院していた患者さんが、

自宅に帰るまでにワンクッション置く
療養先としての役割がありますね。

 

なぜ中小規模病院が
おすすめかというと、

大規模な病院は診療科が
分かれているので、

看護師の担当する領域や仕事内容は
ある程度限られてきます。

 

中小規模病院の場合は
細分化されてないので、

オールラウンドなスキル
が求められるんですね。

 

もちろん大学病院のような
専門特化は大切ですが、

看護師不足のご時世
何事にも対応出来る、

フレキシブルさが求められます。

 

それに、
より地域に近い病院なので、
退院調整を看護師が積極的に行います。

 

大学病院では接することの少ない
ケアマネージャー精神保健福祉士などの
他職種と連携する場面も増えて、

入院から自宅復帰に至るまで
関わるので、

やりがいを一段と感じるでしょう。

 

ですから、

看護師が大学病院辛くて辞めて、
オールラウンダーな看護師になるには、

中小規模病院へ転職しましょう。

訪問看護ステーション

看護師が大学病院辛くて辞めて、
オールラウンダーな看護師になるには、

訪問看護ステーションへ転職しましょう。

 

というのも、

利用者は要介護以上なので、
認知症の人から
人工呼吸器や重度の麻痺の方など

対象者は様々です。

 

ですから、
行く先々で色々な看護技術
必要になりますし、

なにより、

自分で判断し、
処置を考える必要があります。

 

処置以外にも、
家族への指導メンタルサポート
などもあるので、

本当の意味で
身近で頼れる看護師
近づけるところですね。

 

大学病院のように
多重課題に追われることは
無いので、

患者さんとじっくり向き合い
ゆっくり看護師として
成長することが出来ます。

 

ですから、
看護師が大学病院辛くて辞めて、
オールラウンダーな看護師になるには、

訪問看護ステーション
転職しましょう。

CHECK!【実体験】私が感じた看護師転職の実際「聞いてた話と全然違う」

介護施設・デイサービス

看護師が大学病院辛くて辞めて、
激務から解放され、
心から余裕を持ちたいなら、

介護施設やデイサービス
転職しましょう。

 

というのも、
介護施設やデイサービスは

利用者の健康管理
が主な業務なんですね。

 

病院のように、
処置や薬剤を使用することは
少ないですし、

保清や移乗などは介護福祉士が
主に行うので、
体力的な負担が少ないですね。

 

インシデント
怯える場面は少ないですし、

重症患者や緊急入院もないので、
精神的プレッシャーは
比較的少ないです。

 

ですから、

看護師が大学病院辛くて辞めて、
激務から解放され、
心から余裕を持ちたいなら、

介護施設やデイサービス
転職しましょう。

 

ただし!!

一つ注意したいのが、

介護施設は大学病院ほど
勉強会や研修会は多くないですが、

最近では介護の専門性
高めるためにプライベートが若干忙しいです。

 

老年看護認知症看護の研修
を受けたり、

介護福祉士との合同勉強会
を開催することも
あるので、

勉強会や研修会で
プライベート時間を割かれたくない人
避けた方が良いかも!?

クリニック

看護師看護師が大学病院辛くて辞めて、
激務から解放され、
心から余裕をもって
家庭と両立したいなら、

クリニックへ転職しましょう。

 

というのも、

クリニックも介護施設同様に
重症患者緊急入院はありません。

 

ですから、
精神的プレッシャーや残業は
無いので負担は少ないです。

 

また、

仕事より
プライベートを重視
する人が多いので、

子育て看護師が比較的多く
理解が得られやすいでしょう。

 

あなたと同じように
研修や勉強会のために
自分のプライベート時間を割きたくない、

と考える人が多いため、

勉強会が積極的に開催されることもありません。

 

ですから、
看護師が大学病院辛くて辞めて、

激務から解放され、
心から余裕をもって
家庭と両立したいなら、

クリニックがおすすめです。

子育て・家庭との両立が出来る職場

看護師が大学病院辛くて辞めて、
子育てとの両立を望むなら、

中小規模病院の外来
もしくは
日勤で働ける療養型病棟

へ転職しましょう。

 

というのも、
外来や療養型病棟は

ある程度スケジュール通りに
業務がこなせて、

残業が発生しにくいんです。

 

子育て看護師
比較的多いです。

 

一見すると、
クリニックや介護施設でも
良さそうですが、

財政的な面で、

託児所子育て支援
福利厚生が間に合ってない
ところも多いです。

 

それに、
看護師の人数が
絶対的に少ないので、

急な休みに対応しづらい
デメリットもあるんですね。

 

ですから、
子育て看護師が転職するなら、

クリニックや介護施設は
慎重に検討した方が良さそうです。

 

子育てを両立しやすい
職場選びのポイントは、

子育て両立のポイント
  • 残業や時間外が無い
  • 託児所や子育て支援が充実している
    ⇒福利厚生が整っている
  • 急な休みに対応出来る
    ⇒ある程度の看護師人数が確保されている

というわけで、
これらのポイントを網羅出来て
子育てしやすい職場は、

中小規模病院の外来
もしくは
日勤で働ける療養型病棟

なんですね~

CHECK!【実体験】 「看護師辞めたい3年目。あの時転職してれば……」6年目の私の後悔。

看護師が大学病院が辛い辞めたい時のまとめ


看護師が大学病院が
辛くなるのは、

大学病院が辛い理由
  1. 仕事が忙しい上に、
    次々仕事が割り振られる
  2. インシデントを起こせば戦犯扱い
  3. やりたいことは病院都合でダメ
  4. プライベートの時間が無い
  5. 家庭との両立に理解が得られず、
    肩身が狭い

なのに、
辞めたくても辞められないのは、
以下の原因があるんです!!

辞めたくても辞められない原因
  1. 看護技術的な問題
  2. 環境的な問題
  3. プライド的な問題
  4. お給料の問題

でも、
ちゃんと転職先で求めること
ハッキリしておけば、

ミスマッチ
防ぐことが出来、

より自分のニーズに合った
転職先を選ぶことが出来ます!!

 

ただ、
看護技術が無いと
転職先も狭まってしまうので、

まずは総合病院
基本の看護技術を身に付けてから

希望の転職先に移ることを
おすすめします!!

 

そうすれば、

大学病院に
縛られることなく、

看護師としての働き方は
どんどん広がりますし、

もっと自由に
自分の働き方を
選べるようになりますよ~♪

CHECK!【実体験】転職なんて諦めかけてた私の転職ストーリー

私は本気で看護師さんに幸せになって欲しい

私は辛いままの看護師さんを救いたい!

これまで書いた記事は200記事。

これだけ情報を集めてきて思うのは
耐えてるだけでは状況は変えられないってことです。


看護師れもん

給料が低くても
体が、心がボロボロでも
耐えてるだけでは何も変わりません!


そんな中一番確実で簡単なのが転職することです。


  • 職場では怒られてばかり
  • 会話すら楽しめない
  • 勤務中に涙が止まら無い
  • 心に余裕がなくて家族にも迷惑をかける

こんな暮らしをしてきた看護師さんが、1ヶ月後には


  • 給料が上がった
  • 同僚との会話が楽しい
  • 子供と会える幸せな毎日
  • プライベートも楽しめる

って暮らしをしてたりします。

看護師れもん

行動した人の生活は
変わっていっています!


学生時代から勉強して受験に受かって
看護学校で勉強し
壮絶な看護実習を仲間と乗り越えて
晴れて看護師になって・・・我慢地獄。



こんな人生おかしい!
苦しいだけの看護師はやめましょう!


看護師って、もっと幸せに働くことができます。

4つのポイントさえ押さえれば
看護師で超幸せになることは可能なんです!


看護師として幸せになる転職術をこちらの記事で解説してます!
耐えるだけの看護師を終えたい方は読んでみて下さい。


看護師れもん

この記事があなたの人生の転機になる!

CHECK!「看護師の幸せを作る4ヶ条」これさえ知れば転職も安心!

何もしなかったら変わりませんよ!^^;


忙しいのはわかりますが、いつだって忙しいはず・・・。


今、1分読んでみるだけで
この先30年の人生が変わるかもしれないんですから
ちょっと立ち止まって読んでいって下さい♪



ポチッとすればシェアできますよ♪