看護師が育休明けに退職したい!!不安な育休中ですら円満退職できる方法

私はまさに
この悩みを持つ看護師です。

育休入るかどうかの面談って結構早い時期にあるので
そこで復帰か退職の決断を
迫るのって結構酷だと思うんですよね。

復職後の仕事なんて考える余裕もありませんし
保育園どうするとか
いざというときどうするかまでは想像が付かないんですよね。

だから結果
とりあえず育休取ってそれからゆっくり考えよう。
仕事何とかなるでしょ。

と思っていたのに、現実の厳しさを痛感するのです。

でも育休取っておいて退職なんて出来るの??
角が立たずに辞める方法なんてあるの??

と思いますよね?

そこで今回育休明けの看護師が退職出来るのか
その方法に触れていきたいと思います!

これを読めば円満退職間違い無しです!

ズルズルと望まない働き方をすることなく

お子さんと一緒におもちゃで遊ぶ時間がしっか取れると
素敵な子育てライフを送りましょう!

幼稚園・保育園終わりに「おかえりー」
と言ってあげられて
その後も母と子の時間がとれる親子になりたいですね(^^)

➡︎【参考記事】 看護師は子育て中に夜勤やってる??夜勤に悩んだ時の3つの解決策

看護師が育休明けの退職を考える理由

看護師が育休明けに退職を考える理由

  • 保育所の空きがない
  • いざというとき預けられる身内が近くにいない
  • 勤務先が遠い
  • 育児と仕事の両立が出来るか自信がない
  • 復職後仕事についていけるか
  • 復職前とは違う未経験部署に配属された
  • 自分と赤ちゃんの体調が不安

上記の理由で育休明けに退職を考える看護師が多いんです。

やっぱり
育休中に復職後の生活への不安が高まり焦りを感じてしまうからですね。

私の場合
保育園を除いてほぼ当てはまりますね。

仕事と自宅の往復は1時間掛かるので
保育園にすぐに迎えに行けないですし

仕事から帰ってから家事、風呂、寝かしつけ・・・って考えたら

1日が24時間あっても足りないですよね。

また
「経験積むために一度、違う部署を見ておくのも良い」

産後面談の時に上司から言われ

元部署に戻れるんじゃ無かったの!?
一気に安心感が無くなりました。

7年目の先輩は
経験年数もあるし両親のサポートが受けれるからという理由で
フルタイムでICUへの異動なりました・・・。

というわけで
ただでさえ慣れない育児・家事慣れない職場というのは
不確定要素がありすぎるんですね。

だから多くの看護師が育休明けに退職したいと考えるんです。

➡︎【参考記事】 看護師は出産後にどんな働き方をしているの!?働き方と復帰時期の紹介

看護師は育休明けに退職出来るの!?

看護師は育休明けに退職出来るんでしょうか?
結論から言うと、可能です。

育休制度は法で決められているんだから
退職するのは法律上どうなのと
心配になるところですが
この点に関して法律上は何の問題もありません

そもそも育休期間の給与は病院が支払っているものではなく

社会保障の雇用保険から支払われているので
病院側は退職を断る権利は無いからです。

仮に育休明けですぐに退職したとしても
産休期間の給与や賞与を返還する必要はありません。

ですから
看護師でも育休中または育休から復帰後の退職は可能です。

➡︎【参考記事】 看護師が子育て中に転職!!【オススメな職場3選】志望動機の書き方は??

看護師が育休明けに退職したらイメージ的にはどう??

先程述べたように
看護師が育休明けに退職することは可能ですが
マナー的に問題ありです。

私はこう思う!!

私は「マナー的に悪いし……」とか「イメージ悪いし……」
と言って退職しないのは『逃げ』だと思います!!

予定通り職場に復帰する方が楽ですからね。

でも
本当にお子さんのことを考えるなら
大変でも退職してしっかりお子さんと向き合ってあげるのがいいと思います。

私は母が看護師で
帰っても「ただいまー」はあまり言ってもらえなかったし
あまり遊んでもらえなかったから・・・。

というのも
やっぱり育休というのは復職を前提にしたものだからです。

職場は当然帰ってくるものと考えて
職場復帰の準備をすすめたり
人員配置を考えているのです。

それに産休・育休中に病院から様々な恩恵を受けているので
退職となると
職場の風当たりが厳しくなることは避けられません・・・

「育休取っておいて退職なんてモラルがない」
と思われるのも仕方ないでしょう。
あとに続く育休取得者たちへの風当たりが強くなってしまう場合もあるんです。

ですから
育休明けの退職は本来ならばマナー違反という事をしっかり頭に
置いておきましょう。

とはいえ
「上司のイライラ」「母と子の時間」を考えれば
どちらが大事かは明確です!

私なら
子供との時間を大事にしたいです!

➡︎【参考記事】 看護師が育休中にバイトしても大丈夫なの?

看護師が育休明けに退職する理由を考える時のポイント

看護師ならだれもが育休明けに角が立つことなく退職したいと考えますよね。

そのためには
反論できない理由を提示することが大切なんです。

なぜなら
相手に反論の余地を与えてしまうと
上手く丸め込まれ
最悪の場合そのままズルズルなんてこともあります。

「子育てしながら働いている先輩なんて沢山いるでしょ?」
「それを覚悟のうえで育休取ったんでしょう?」
なんて言われたらこちらも言い返すことが出来ません。

なので
どうしても上司が反論できない理由を言う必要があるんです。

相手が納得することが出来る
建前の理由を考えるのも一つの手ですね。

自分の人生をより良いものにするために
退職したいと思っている職場で無理して働き続ける必要はありませんよ。

➡︎【参考記事】 看護師さんが子育てと仕事を両立するには??夜勤はどうする??

看護師さんが「育休明けの退職」を悪い印象にしないために


看護師さんが育休明けの退職を少しでも悪い印象にしないために
具体的な例文を見ていきましょう。

看護師さんが育休明けに退職できそうな理由①体力面を引き合いに出す

これは育休経験のある看護師の上司であれば理解を得やすい理由ですね。

「体力的に育児と仕事の両立が難しく、退職させて頂きたいです。」

「元々は復職する予定だったけど
1年経って育児と仕事の両立が出来るか不安に思った」

と、正直に上司に伝えるのも手です。

それでも退職を引き止められるなら
定時出勤、定時帰宅、子供の病気の時の
早退・欠勤をしやすい職場の環境づくりを求めましょう。

それがダメなら
「子供の事でこれ以上職場に迷惑を掛けられない」
というかたちで
話を進めて退職に持っていくのも手ですね。

看護師さんが育休明けに退職できそうな理由②周囲が・・・

看護師さんが育休明けでも退職できそうな理由には
周囲からの意見を出すということもできます。

しかもこの理由なら
サポート状況が無い
ことも退職する十分な理由になります。

「周囲から子育てに専念してほしいと言われました。」

夫や実母・義母が賛成していなければ
働くことは難しい
です!

もし
周囲が育休明けに仕事を退職することを望んでいれば
それを上司に伝えましょう。

上司はあなたの考え方だけならば変えられるかもしれませんが
さすがに夫や実母・義母の考えを変えることは出来ません。

ですから
サポート状況が無いことも退職する十分な理由になります。

看護師さんが育休明けに退職できそうな理由③保育園見つからない

看護師さんが育休明けでも退職できそうな理由には
「保育園が見つからない」なんて決定的な理由を使うこともできます。

「子供に保育園が見つからないんです。」

保育園が見つからなければ働くことは出来ないので
真っ当な理由ですね。

日本は現在慢性的な保育園不足
事実待機児童も沢山いるので
この理由は十分説得力があります。

なので
子供が保育園に入所出来ないことは休明けに退職するには十分な理由です。

もし後に保育園通いがバレたら?

もし後に「実は保育園に通っている」ことがバレたとしても大丈夫です。
「退職した後に保育園に空きが出たんです〜」でOKですし
上司もそう考えるのが普通ですからね!

看護師さんが育休明けに退職できそうな理由④夫が転勤

看護師さんが育休明けでも退職したい時
「夫の転勤」を理由を使うこともできます。

「夫が急遽転勤になり、退職させていただけないでしょうか。」

夫のサポート無くては育児は困難です。

単身赴任してまでその病院にこだわる理由はありませんよね。
物理的に通勤が難しければ上司も理解を示してくれるでしょう。

ですから
夫の転勤も育休明けに退職するには十分な理由です。

ただ
これを建前の理由とした場合
「念のため旦那さんの会社から出ている内示書のコピーを見せて下さい。」
と言われると困ってしまう可能性もあるので

建前の理由としてはおすすめできませんね。

育休明けに退職するためには
出来るだけ退職理由を取り繕うとせずにありのままを話し
これまでお世話になったお礼を一緒に伝えましょう。

➡︎【参考記事】 知らなきゃ損!!看護師が育休中に取得するべき資格6選!!

看護師さんが育休明けに退職したい時のまとめ


看護師が育休明けに退職したい理由は、
育休中に復職後の生活への不安が高まり焦りを感じてしまうからです

看護師が育休明けに退職することは可能です。

ですが
育休は復職をする前提で取得するものですから
本来であれば
マナー違反ということを理解していなければなりません。

当然上司を含め職場にはそういった目で見られるかもしれませんが
自分が望んだ生活を送るためには、思い切って退職する事も必要です。

そのためには上司が納得できる理由
それも反論の余地を与えないような理由を伝えることが大切です。

自分の思いを理解してもらえるよう真摯な気持ちで伝えましょう。
きっと上司は理解してくれるはずですよ。

➡︎【参考記事】 看護師は子育て中はパート勤務がおススメ!?給料・職場・ボーナスは??

CHECK!【実体験】転職なんて諦めかけてた私の転職ストーリー

私は本気で看護師さんに幸せになって欲しい

私は辛いままの看護師さんを救いたい!

これまで書いた記事は200記事。

これだけ情報を集めてきて思うのは
耐えてるだけでは状況は変えられないってことです。


看護師れもん

給料が低くても
体が、心がボロボロでも
耐えてるだけでは何も変わりません!


そんな中一番確実で簡単なのが転職することです。


  • 職場では怒られてばかり
  • 会話すら楽しめない
  • 勤務中に涙が止まら無い
  • 心に余裕がなくて家族にも迷惑をかける

こんな暮らしをしてきた看護師さんが、1ヶ月後には


  • 給料が上がった
  • 同僚との会話が楽しい
  • 子供と会える幸せな毎日
  • プライベートも楽しめる

って暮らしをしてたりします。

看護師れもん

行動した人の生活は
変わっていっています!


学生時代から勉強して受験に受かって
看護学校で勉強し
壮絶な看護実習を仲間と乗り越えて
晴れて看護師になって・・・我慢地獄。



こんな人生おかしい!
苦しいだけの看護師はやめましょう!


看護師って、もっと幸せに働くことができます。

4つのポイントさえ押さえれば
看護師で超幸せになることは可能なんです!


看護師として幸せになる転職術をこちらの記事で解説してます!
耐えるだけの看護師を終えたい方は読んでみて下さい。


看護師れもん

この記事があなたの人生の転機になる!

CHECK!「看護師の幸せを作る4ヶ条」これさえ知れば転職も安心!

何もしなかったら変わりませんよ!^^;


忙しいのはわかりますが、いつだって忙しいはず・・・。


今、1分読んでみるだけで
この先30年の人生が変わるかもしれないんですから
ちょっと立ち止まって読んでいって下さい♪



ポチッとすればシェアできますよ♪