看護師の転職は3ヶ月でもあり!?3ヶ月目の転職のメリット・デメリット

看護師になって3ヶ月だけど
もう辞めたい…

転職して3ヶ月だけどもう無理辞める!!

でも、これってやっぱり不利だよね?

こんな悩みを持つ看護師って結構多くないですかね。

3週間、3ヶ月、3年という時期が
看護師が「辞めたい」って思う時期とも言われているんですよ。

新卒で3ヶ月と
経験者で転職しての3ヶ月では
色々違ってくるのは予想がつきますよね。

辞めたい理由や
転職先も考えないといけないですね。

ここでは新人看護師と経験者それぞれの
看護師の3ヶ月で転職することのメリット・デメリットを紹介しようと思います!

まだ3ヶ月だけど辞めたいと悩んでいる看護師に
ぜひ読んでいただきたいです。
辞めるか思いとどまるかのヒントになるかもしれませんよ。

悩んでいる時間なんてもったいないです!

ずっと「辞めたいな」と思いながらも病院を辞められずにズルズル定年・・・。

なんてことにならないように
今の病院にとどまるのか、転職するのかこの記事を読んでしっかり判断しましょう!

➡︎【参考記事】 奨学金を返済中の看護師が転職する方法【法律・契約・金銭的問題なし】

看護師が3ヶ月で転職したくなるのはなぜ?~新人偏~

新人看護師にとって入職してからの3ヶ月間は激動の日々ですよね。
辞めたいと思う人も多いんですよ。

看護師が3ヶ月で「辞めたい」と思う理由は…

①入職3ヶ月目で看護師が向いていないと思う

新人看護師で3ヶ月というと病棟の仕事を覚えるのに必死だし
まだまだ1人前には働けないですよね。

看護師という仕事は専門性が高いですし
誰にでもできる仕事ではないですよね。

だからこそ壁にぶつかりやすいですし
向いてないかも…
と悩むことも多いんですよ。

でも自分をしっかり見つめられている証拠ですね!

②入職3ヶ月目で学生時代に想像した看護師と違うと感じる

学生実習では昼間の一部の時間
しかも担当の患者さんしか見ていないこともありますよね。

学生時代には思い描いていた看護師像や
こんな看護をしたいという思いもあるんじゃないですかね。

実際は時間に追われたり
患者さんの話もじっくり聞けないこともあります。

高齢化社会のため入院患者も高齢者が多いですよね。
そうなると排泄介助も重要な看護師業務になるんですよ。

急性期病棟なのにオムツ交換ばっかり…
そんなこともザラなんですよ。

そこを気にしない人もいますが
やっぱり気にしちゃう人がいても仕方のないことですね。

看護精神が高い証なので悩んでいても自信を持ってもらいたいものです。

③入職を希望していた病棟ではない

これもありがちなことなんですよ。

希望する病棟に配属になるとやる気出ますよね。
でも人気の病棟は希望する人も多いんですよ。

だから希望じゃない病棟に配属されることもあるんですよ。
整形外科を希望したけど呼吸器内科だった…
小児科を希望したけど手術室だった…

結構ショックじゃないですか?
私の同期は小児科か整形外科を希望したのに
障害児病棟だったので泣いていましたね。

これは誰だってそうですが
希望じゃないというマイナスな思いから抜け出せないと
辞めたい思いが募っていくものです。

➡︎【参考記事】 看護師の転職は何歳までOK!?何歳でも転職を成功させる4つのコツ!!

④入職後忙しくて身体が持たないと3ヶ月で気づく

病棟で先輩に教えてもらいながら1ヶ月~3ヶ月くらいで1人立ち!!
という病院が多いですね。

私の場合はゴールデンウィーク明けからなので
1ヶ月で日勤は1人立ちでしたよ。

最近は3ヶ月は教育期間という病院も
増えているようですけどね。

先輩について業務を覚えるのも大変だし
1人立ちすればそれだけ業務や責任も重くなりますよね。

3ヶ月経つとそれまでの緊張が疲労に変わる
と言われているんですよ。

3ヶ月目は客観的に見てもしんどい時期なんですよね。

⑤入職3ヶ月なのに仕事ができなくて怒られるのが辛い

頭ごなしに怒る先輩や上司はあまりいないと思います。
もちろん人の命を預かる看護師だからこそ
強く言わないといけないこともありますけどね。

新人は何か失敗したりすると
先輩や上司から厳しめに言われることもありますよね。

ミスをしたり叱られたりするのは
新人のころは仕方のないことでもあるんですよ。

時間がたてば辛い思いを解消できる人もいますが

またミスしたらどうしよう…
また怒られたらどうしよう…

新人看護師にとってこれは大きなストレスですね。

⑥看護師の仕事の責任の重さに耐えられない

看護師は専門性の高い職種だし人の命を預かる仕事ですね。

わかって看護師になっても
いざ働くようになると
それを責任に感じるようになりますよね。

3ヶ月経てば患者さんの死に直面した
新人看護師もいるんじゃないですかね。

私の同期は初めての夜勤で
急変に居合わせて夜勤が怖くなったと言っていましたよ。

責任の重さをだんだんに実感してくるのも
この3ヶ月の間なんだと思いますよ。

⑦看護師同士の人間関係が合わない

看護師の世界はまだまだ女性社会ですよね。
女性ばかりの職場は
どうしても人間関係に問題が出がちなんですよ。

好き嫌いで仕事をする人もいるし
悪口や嫌味を言われたり…
経験した人も多いはずです!

私は新人のときにすっごく怖い先輩がいましたよ。
何をするにも否定されたし
時には無視もされましたね。

その先輩は毎年新人の中の誰かに目をつけることで有名でした。
だから2年目になる時には突然仲良くしてきて驚きましたね。
今でも思い出すとゾッとしますけどね。


リストアップしてみるとこんな感じですね。
「わかる!」と思う方多いんじゃないですかね。

私も新人の頃を思い出すとほとんど当てはまりますよ。

3ヶ月といってもまだ看護師の仕事にも
完全に慣れないですし

1人立ちしたと言っても
まだまだ1人ではできないこともたくさんですね。
気持ちにも余裕がない時期でもあるんですよ。

辞めたいと思ったら
その理由をリストアップしてみる
いいかもしれませんよ。

もしかしたら時間が解決するかもしれないし
気持ちを整理すると落ち着くこともありますよ。

新人看護師のいいところは
同期が多いところじゃないですかね。

辛い時期や悩みを共有できる同期がいれば
もう少しがんばろうと思えるかもしれませんね。

➡︎【参考記事】 看護師の2年目で転職した私がクリニックを選んで良かった5つのこと!!

看護師が3ヶ月で転職したくなるのはなぜ?~経験者偏~

経験者で転職した看護師だって
3ヶ月という短期間で辞めたくなることがあるんですよ。

ではどういう理由で転職したいと思うのか紹介していきますね。

①転職して3ヶ月経っても自分のやりたい看護ができない

中途採用の経験者の場合
一番多いのがこれじゃないですかね。

それまで超急性期病院で毎日忙しかったから
もっと患者さんに寄り添う看護がしかった…

地域密着型の中規模病院に転職してみたけど
人で不足と入退院の多さで忙しすぎる!!

そんなイメージと現実のギャップに
働き始めて気づくことも多いですよね。

②転職して3ヶ月、残業時間が多い・サービス残業がある

見学や面接のときには
残業時間が月に数時間とか
残業少な目と聞いていたけれど…

実際はもっと残業があるし
時にはサービス残業だから
残業時間がカウントされてない!!

なんていうこともあるんですよ。
残業少な目という言葉は曖昧ですからね。

私も残業ほぼなしと聞いていたのに
定時ギリギリに入院をとることになったり
残業申請しても承認されないことがありましたよ。

上司の目の前で仕事していたのにサービス残業なんてありえない!!

私の頭の中に転職というワードが出てきた瞬間でしたよ。

③転職して3ヶ月経っても人間関係が悪い

これは新人看護師編でも紹介しましたが
人間関係の悩みは看護師の世界でよくあることですよね。

経験者の場合は特に前の職場と比較できますし
お局さんと合わないとか人間関係を気にしやすいでしょう。

私は転職した時に数人怖い先輩がいましたね。
無視されることや突き飛ばされることもありましたよ。
悪口も言われましたしね。

確か当時1ヶ月で一度限界だと思い…
3ヶ月くらいで本気で転職を考えましたよ。

せっかく心機一転
転職先で頑張ろうと思っても
人間関係が悪いと頑張れないと思いますよ。

④看護師なのに転職したのに給料が低かった

求人で提示されている給料には
幅があることが多いですよね。

働き始めて給与明細を見たら提示してあるのよりも低いけど…
そんな経験ないですかね。

私の先輩はそれで直談判していましたよ。
求人には給料の内訳が大まかに書かれていたんですけど
その中には10時間分の残業代が含まれていたんですって。

想定の給料と実際が大きく違うと
あれ?って思うし
職場への不信感にもつながりますよね。

昇給のことも入職前にわからないこともありますね。
私は子供の慣らし保育のために4月10日に入社しました。

4月1日を基準にして毎年度昇給するって
入ってから言われたんですよ!
10日違うだけで次年度の昇給はなしだったんです。

「あえて言わなかった」と人事の人に言われて
イラッとしましたね。
説明を受けて選択する自由が奪われた気分でしたよ。

入社してから
「あなたの年齢だと昇給はないですよ」
と言われた人もいるんですよ。

入ってから言うのってずるいですよね。
給料関係の不信感は
転職に繋がりやすいですよね。

➡︎【参考記事】 看護師の転職は何歳までOK!?何歳でも転職を成功させる4つのコツ!!

看護師が3ヶ月で転職することのメリットはあるの?

看護師が3ヶ月で転職するなんて印象悪いよね?
3ヶ月で辞めてそのあと雇ってくれる病院あるのかな?

3ヶ月という短期間で転職となると
短いよね~と
周りにも思われるのは事実ですね。

では、看護師が3ヶ月で転職に踏み込むのには
メリットはあるのでしょうか?

メリットはあるんですよ!

CHECK!【実体験】 看護師になったのを後悔してた私。転職して幸せになれました。

①看護師さんの3ヶ月での転職はタイミング的にいい区切り

新人看護師でも中途採用でも
試用期間を3ヶ月にしている病院って結構多いんですよ。

試用期間が終わると
本採用になりますよね。

本採用になってからだと辞めにくくなるのが現実だと思いますよ。

経験者の場合は
3ヶ月となると夜勤に入るとか
次のステップに入ることが多いですね。

仕事もある程度できるようになって
上司も同僚も手放したくなくなりますしね。

私の職場でも試用期間の終了とともに辞めた看護師がいますよ。
契約更新しませんという形で退職しました。

病院によって
本採用にあたり書類の有無が違うと思いますが
試用期間を区切りにすると辞めやすいようですね。

➡︎【参考記事】 看護師がクリニックを辞めたい!!私が実践した円満に退職するコツ!!

②早い段階(3ヶ月)で見切りをつけて看護師として次に進める

辞めたいと思うこと自体は
悪いことではないんですよ。

人間関係も大変だし
責任も重い看護師の世界ですから
嫌なこと、辛いことはたくさんありますよね。

どこまで許容できて
ごこからは我慢できないか
わかっているのは自分だけですよ。

求人に書かれていることが魅力的でも
実際働いてみたら全然違うじゃん!!
そんなのよくあることですよね。

「アットホームな職場」って書いてあったのに
人間関係ギスギスだった!

「残業少な目」って書いてあったけど
サービス残業ばっかり!
そんな風に入職してからわかることも多いんですよね。

ある採用担当の人の話では
3ヶ月も半年も
1年未満の退職は同じなんですって。

もちろん新しく入職した職員には
教育のための人件費がかかりますね。

現在働いている職場からしたら
もう少し働いてほしいのが本音だと思いますが、気にすることは無いでしょう。

入ってすぐに
この職場無理!!
って思うこともあると思います。

3ヶ月経てばある程度の
職場のことが見えてきますよね。

もう少し様子を見ようと思って
その様子を見る期間も3ヶ月がちょうどいいんじゃないですかね。

「転職する」と決心したら
我慢して働き続けてストレスをためるよりも
早い段階で自分にあった職場に転職するほうがメリットになると思いますよ!

私の職場では1ヶ月半で辞めた看護師がいましたよ。笑
かなり早い段階で見切りをつけていましたね。
転職先では楽しく働いているそうです。

病院によって雰囲気や経営方針も違いますよね。
合う合わないは必ずと言っていいほど出てきますもんね。

③新人看護師の場合3ヶ月での転職は第2新卒として扱ってもらえる

新人看護師で1年未満で辞めることもありますよね。
1年未満で転職した場合
第2新卒として扱ってもらえることが多いんですよ。

新人として他の1年目看護師と一緒に研修を受けたり
また一から教育してもらえるというメリットがありますよ。

新人看護師が3ヶ月で転職となると
そのあと雇ってもらえるのか
出来ないことばかりだけど教育してもらえるのか不安ですよね。

新人看護師が3ヶ月で転職しても
雇ってくれる病院はありますよ。

本気で転職しようと思ったら
教育体制の整った病院に転職するといいですよ。

➡︎【参考記事】 やらなきゃ失敗する!?看護師の転職で在職中にやるべき6つのこと!!

看護師が3ヶ月で転職することのデメリットは?

看護師は3ヶ月でも転職が可能です!

でもイメージ的にどうなんだろうって気になりますよね。
採用してくれる病院があるのか不安になりませんか。

看護師はまだまだ人手不足ですし
転職後3ヶ月でまた転職するなんていうことも可能な職種です。

そんな看護師が3ヶ月で転職することの
デメリットを紹介しようと思います。

後ほど解説しますが
どのデメリットも挽回可能ですので記事の最後まで読んでくださいね!笑

①看護師の3ヶ月での転職は面接官のイメージが悪くなる

3ヶ月で転職となると
どうしてもイメージは悪くなりがちです。

「どうせここもすぐ辞めるんでしょ」
なんて思われる可能性は高いですね。

退職理由は面接のときに突っ込まれるところですからね。
なぜ3ヶ月で転職しようと思ったのか
理由をきちんと説明できるようにしておくといいですよ。

曖昧な回答だと
採用に影響しますからね。
面接官が納得する前向きな回答が必要ですね。

残業が多い、休みが少ない、力仕事が多くて体に負担…
3ヶ月で転職する場合は
自分のなかでもはっきりさせておきましょうね。

②転職自体にエネルギーを費やすことになる

一度でも転職を経験した看護師にはわかることですが
転職って結構面倒くさいんですよよね。

新しい気持ちで
新しい職場環境で
新しい自分を見つけられる

始めての転職をする前は私はそう思っていましたよ。

上司との複数回にわたる面談…
働きながらの転職活動…
たくさんある退職関係の書類…

しかも無事に転職してからも
提出する書類があったり
入社式で緊張したり

新しい仕事を覚えるのも大変だし
物品の場所も周りに聞かないとわからないし
病院によってルールが違うこともあるし

転職ってエネルギー使うんですよ!
できることなら何度もしたくないのが本音です。

でも、これに関しては、どのタイミングでの転職にも言えることです。

そして今病院に不満があるなら、将来的には転職をすることになるでしょう。

将来の「大変なこと」を先取りするだけですので
もしかするとデメリットではないのかもしれません。

③短期間(3ヶ月)での転職繰り返すと転職に不利になることも

3ヶ月での転職は可能と伝えましたが
複数回ともなると
転職に不利になることもあり得ます。

何回も短期間で…
となると採用側も警戒しますよね。
教育に人件費をかけていますからね。

好条件で人気の求人は
それだけ応募する看護師も多いんですよ。
そうなると不利になるかもしれませんね。

➡︎【参考記事】 看護師の転職で併願するのはOK??併願転職を成功させる3つのコツ!!

看護師さんが3ヶ月で転職するならデメリットを挽回しよう!!

デメリットで紹介したのが
3ヶ月で転職することで
面接官にマイナスイメージを与えるということですね。

では、どうしたらマイナスイメージを挽回できるのか
転職のときの面接のポイントを
紹介していきますね。

①3ヶ月での転職の理由を説明する

面接官は履歴書を見て
「3ヶ月で転職か、うちもすぐに辞めちゃうんじゃないの?」
と疑ってかかる可能性がありますね。

3ヶ月での転職じゃなくても
なぜ辞めるのかと突っ込んでくることは多いと思いますよ。

私は1回転職して
妊娠・出産のために退職
1年のブランクを経て今の職場に復職したんですよ。

面接のときには
2回の退職の理由を聞かれましたよ。
やっぱり面接官からしたら気になるところなんでしょうね。

ちなみに「すぐに2人目作るんじゃないの?」とも聞かれましたよ。
妊娠・出産のために前の職場を辞めたからかもしれないですね。

転職の理由を聞かれたときに説明できないと
ただ嫌だから辞めるのかと思われてしまいますね。

  • 「寄り添う看護がしたかったけれど時間に追われてできない環境だった」
  • 「残業時間が月に数時間と聞いていたけれど実際は20時間以上でしかもほとんどサービス残業だった」
  • 「仕事と育児の両立ができるよう努力したが忙しすぎて疲れて両立できなくなってしまった」

という感じで

何も考えずに3ヶ月で転職するわけじゃないというアピールをする
マイナスイメージの挽回につながると思いますよ。

②3ヶ月で転職せず長く働きたいというアピールをする

面接のときに
必ずといっていいほど聞かれるのが
志望動機と退職理由ですよね。

志望動機や退職理由の後に
「長く勤めます!」とアピールする
面接官の疑いを晴らしやすくなりますよ。

今の職場は事情があって3ヶ月で転職する…
でも、ここの病院は長く働きたいんです!

となれば悪い印象を与えることはないんじゃないですかね。

看護師が3ヶ月で転職するには不安もありますよね。
でも本気で転職を考えるとしたら
転職はありだと思いますよ!

➡︎【参考記事】 やらなきゃ失敗する!?看護師の転職で在職中にやるべき6つのこと!!

まとめ

  • 新人看護師も3ヶ月で転職を考えることがある
  • 経験者は3ヶ月で様子が見えてくるので転職を考える
  • 3ヶ月で転職するメリットは早い段階で次に進むことができる
  • 3ヶ月で転職するデメリットは面接官へのマイナスイメージ
  • 3ヶ月で転職するとき面接官に前向きな印象を与えることが大切

CHECK!【実体験】転職なんて諦めかけてた私の転職ストーリー

私は本気で看護師さんに幸せになって欲しい

私は辛いままの看護師さんを救いたい!

これまで書いた記事は200記事。

これだけ情報を集めてきて思うのは
耐えてるだけでは状況は変えられないってことです。


看護師れもん

給料が低くても
体が、心がボロボロでも
耐えてるだけでは何も変わりません!


そんな中一番確実で簡単なのが転職することです。


  • 職場では怒られてばかり
  • 会話すら楽しめない
  • 勤務中に涙が止まら無い
  • 心に余裕がなくて家族にも迷惑をかける

こんな暮らしをしてきた看護師さんが、1ヶ月後には


  • 給料が上がった
  • 同僚との会話が楽しい
  • 子供と会える幸せな毎日
  • プライベートも楽しめる

って暮らしをしてたりします。

看護師れもん

行動した人の生活は
変わっていっています!


学生時代から勉強して受験に受かって
看護学校で勉強し
壮絶な看護実習を仲間と乗り越えて
晴れて看護師になって・・・我慢地獄。



こんな人生おかしい!
苦しいだけの看護師はやめましょう!


看護師って、もっと幸せに働くことができます。

4つのポイントさえ押さえれば
看護師で超幸せになることは可能なんです!


看護師として幸せになる転職術をこちらの記事で解説してます!
耐えるだけの看護師を終えたい方は読んでみて下さい。


看護師れもん

この記事があなたの人生の転機になる!

CHECK!「看護師の幸せを作る4ヶ条」これさえ知れば転職も安心!

何もしなかったら変わりませんよ!^^;


忙しいのはわかりますが、いつだって忙しいはず・・・。


今、1分読んでみるだけで
この先30年の人生が変わるかもしれないんですから
ちょっと立ち止まって読んでいって下さい♪



ポチッとすればシェアできますよ♪