看護師の転職「髪色って黒じゃないとダメ?」この疑問を解決します!!

面接では第一印象が大切です。
特に悩ましいのが髪色。

面接をするにあたって
黒髪は間違いない髪色というのは分かってはいるんですが・・・

髪を黒にしたくないって思っている人は多いはず。

それに実際働いている看護師って染めている人が多いですよね。
私の職場のスタッフや看護師友達も含めて染めている人のほうが多いです。

正直言って、黒髪は面接用と考えている人も多いでしょうね。

髪色ってこれでいいのかな?
やっぱり黒にしなきゃダメ?
黒髪まではしなくてもどのくらいの髪色ならいいの?

今からそういった疑問にお答えしていきます。
これで、髪色で減点されるのではという不安はなくなるはずです!

髪色に関してしっかり理解して
面接での心配事を少しでも減らしておきましょう!

➡︎【参考記事】 看護師の2年目で転職した私がクリニックを選んで良かった5つのこと!!

看護師の転職ー髪色は黒色じゃないとダメ?

看護師さんの転職時の髪色でまず初めにお伝えしたいのは
髪色は黒髪じゃなくて大丈夫です。

もちろん金髪やそれに近い明るい髪色など
なんでもオッケーと言っているわけではありません。

面接では、面接官に好印象を与え
「この人と一緒に仕事がしたい。」
「この人なら仕事を任せられるな。」
と思ってもらわなければなりません。

そのため誰からも好印象を持ってもらいやすい髪色にする必要があります。

一般的に好印象を持ってもらいやすい髪色というのは
地毛か地毛に近い髪色です。

例えば、ダークブラウン系などの落ち着いた色味であれば問題ないです。

看護師が転職するときの髪色の明るさ

看護師さんの転職するときの髪色は
どのくらいだといいのかみていきます。

具体的な明るさ(レベルスケール)でいうと、
7までの明るさであれば大丈夫でしょう。

レベルスケールとは?
ヘアカラーの色見本のことです。
髪の明るさを数字で表しています。
数字が大きくなるにつれて髪色が明るくなります。
日本人の一般的な黒髪は4~5くらいといわれています。
美容室には必ずおいてありますし
ネットでも色見本が掲載されていますから見てみてくださいね。

病院によっては1年に1回は頭髪検査があるところもあります。
その基準が7、8ぐらいなんですよね。

頭髪検査があるような厳しい病院であっても基準は7ぐらいです。
7ぐらいの明るさであれば問題ありません。

私が美容室で髪を染める際は
「髪色は7程度までの明るさでお願いします。」
と美容師さんに伝えます。

そうすると7までの明るさの中で自分に似合った髪色を提案してくれますよ。
7までの明るさの縛りがあっても結構色選びが楽しめます。

黒じゃないとダメ!
という病院は今の世の中あまりないのではないでしょうか。
(ないとは言い切れないので病院見学の際はチェックしてみてください。)

看護師の転職する際の髪色のチェック方法

看護師さんが転職するときに髪色が心配な場合は
心配な場合は面接時に着用するスーツを着てみて
髪色が浮いて見えないかチェックしてみることお勧めします。

ナース服でいい感じの髪色でも
肝心の面接時に髪色が浮いていたらダメですからね。笑

➡︎【参考記事】 看護師でスーツが必要になる5つの場面とは??どんなものを着るべき??

看護師が転職する際の確実な髪色は?

看護師さんで
転職するときの髪色が心配という方は黒髪が安心です。

「大丈夫と言われてもなんか不安・・・」
という方は黒髪にしましょう。

せっかく見つけた職場なのですから、万全の準備で向かいたい人もいるでしょう。

不安要素があると精神的にも良くありません。
不安を取り除いて、自信をもって面接に行けるよう準備していきましょうね。

➡︎【参考記事】 看護師の転職は何ヶ月前から準備すべき??看護師転職成功への6ステップ

看護師の転職で髪色を変える裏技ー黒髪スプレー使うのはどう?

看護師さんが転職の時に髪色を一時的に変えたいなら一つだけ裏技があります。

それは黒髪スプレーを使うことです。

ただ黒髪スプレーはあまりお勧めしません。笑

最近は品の良いものが出ているんでしょうけど

私が調べたところだと、
「髪がカチカチに固まる」
「髪に不自然なテカリが出る」
「髪が衣服につくと黒色が服に移ってしまう」
などの口コミがありました。

このような不自然さが出てしまうと、
黒髪といえども好印象を与えられそうにありません。

ものにもよるので一概には言えませんが、
使用する場合は事前に使用してみて仕上がり具合を確認してみてくださいね。

➡︎【参考記事】 看護師の転職は3ヶ月でもあり!?3ヶ月目の転職のメリット・デメリット

看護師の転職での髪色に関して
職場のジャンル問わず言えること

看護師さんの転職の髪色について
どんな時も言えることがあります。

職場のジャンル問わず最初は落ち着いた髪色でいきましょう。

どんな職場でも、最初の勤務は落ち着いた髪色のまま出勤しましょう。

看護師といっても多種多様ですよね。
病院、クリニック、サロンなどなど看護師の活躍の場はたくさんあります。

美容整形クリニックや美容系サロンの看護師は
髪色に関しては病棟の看護師より緩いことが多いです。

ですが職場見学で明るい髪色の人が多かったからといって、
初めから明るい色で出勤することはやめておいたほうがいいです。

病院が変わると仕事のやり方もルールも違ってきます。

そのため看護師経験があったとしても、
最初はどうしても教えてもらう立場が多くなります。

周りのスタッフと良い人間関係を作ることで、
周りのスタッフも積極的に教えようという気持ちにもなりますよね。

私の後輩にも髪が明るめの子がいました。
働いていく中で、その子のことを信頼することができていたので、
髪色は特に気になりませんでした。

ですがもし初対面からその子が明るい髪色だったら、
「この子大丈夫かな?」と一歩引いてしまったと思います。

第一印象をよくすることで、
周りからも受け入れられやすく、信頼も得やすくなります。

人間関係が円滑になることで、
自分の仕事もスムーズにスタートできるでしょう。

そのためには、
周りの人たちから受け入れられやすい身だしなみにすることが無難です。

また職場にもよるみたいですが、
目を付けられてしまうなんてこともあるみたいです・・・。

職場の人間関係や内部ルールって
働いてみないとわからないことがたくさんありますよね。

看護師仲間の話を聞いていても思いますが、
どこにでもお局的存在や、人当たりが強い人、
我が強いなんて人が一人はいますよね。

いなければラッキーぐらいです。

私もそういった人の扱いに悩まされました・・・。

看護師ってチームワークが本当に大切なので
職場の人間関係はかなり重要です。

髪色くらいで・・・と思うかもしれませんが、
そこを気にする人もいることは事実です。

髪色を明るく変える際は、
勤務先の人間関係や環境を把握してから変えることがお勧めですね。

➡︎【参考記事】 看護師が転職10回以上って不利になる!?転職回数を強みに変える方法

看護師が転職する、髪色含め第一印象で大切なこと

看護師さんの転職で髪色を気にする前に
気にしておくべきなのが第一印象です。

第一印象でもっとも大切なのが「清潔感」です。

看護師の印象で一番求められているものは「清潔感」です。

「清潔感」は看護師として働くのであれば、
どんな職場であっても共通して求められます。

新しい上司、スタッフ、その病院の患者さんと
より良い人間関係を築けるかが働きやすさのカギになります。

人は「第一印象が9割」といわれるぐらい人間関係において重要です。

看護師が求められる「清潔感」というイメージを
周りに与えられるように身だしなみを整えていきましょう。

髪は見出しの中でも目につきやすいところです。

もともと落ち着いた髪色であっても
生え際が黒くなってプリンになっていたり、
カラーの色が抜けてムラがでていたりするとなんだかだらしなく見えてしまいます。

そういった場合は染めなしておきましょう。

また美容整形クリニック、美容サロンで務める看護師は
さらに清潔感に加えて美意識が高いことが求められることが多いです。

来院される方は美意識が高い人が多いですからね。

そのため髪色も染めるならばそれなりの管理が必要になります。
特別なことをしろというのではありません。

明るい色にするならこまめに生え際の染め直しをしたり、
カラーによるダメージケアをしたりしましょう。

ある程度美に対して
「気を使っていますよ。」という感じを出していくと良いでしょう。

看護師さんの転職の時の髪色のまとめ

  1. 髪色は黒髪でなくてもいい!カラースケール7ぐらいまでを目安に、落ち着いた色味ならオッケー。
  2. どうしても心配なら黒髪に!不安要素なく面接に臨めるよう準備しましょう。
  3. 就職後に髪色を変える場合は人間関係、職場環境を把握したうえで髪色を変えることがおすすめ。
  4. 大切なのは周りに清潔感を感じさせる印象を与えること。これを意識して身だしなみを整えましょう。

髪色だけでも人に与える影響って大きいですよね。

上記の髪色であれば髪色でマイナスになることはないと思います。
皆さんが自信をもって面接に挑めるよう願っています!

この記事もオススメです!

➡︎【参考記事】 看護師の転職で併願するのはOK??併願転職を成功させる3つのコツ!!

CHECK!【実体験】転職なんて諦めかけてた私の転職ストーリー

私は本気で看護師さんに幸せになって欲しい

私は辛いままの看護師さんを救いたい!

これまで書いた記事は200記事。

これだけ情報を集めてきて思うのは
耐えてるだけでは状況は変えられないってことです。


看護師れもん

給料が低くても
体が、心がボロボロでも
耐えてるだけでは何も変わりません!


そんな中一番確実で簡単なのが転職することです。


  • 職場では怒られてばかり
  • 会話すら楽しめない
  • 勤務中に涙が止まら無い
  • 心に余裕がなくて家族にも迷惑をかける

こんな暮らしをしてきた看護師さんが、1ヶ月後には


  • 給料が上がった
  • 同僚との会話が楽しい
  • 子供と会える幸せな毎日
  • プライベートも楽しめる

って暮らしをしてたりします。

看護師れもん

行動した人の生活は
変わっていっています!


学生時代から勉強して受験に受かって
看護学校で勉強し
壮絶な看護実習を仲間と乗り越えて
晴れて看護師になって・・・我慢地獄。



こんな人生おかしい!
苦しいだけの看護師はやめましょう!


看護師って、もっと幸せに働くことができます。

4つのポイントさえ押さえれば
看護師で超幸せになることは可能なんです!


看護師として幸せになる転職術をこちらの記事で解説してます!
耐えるだけの看護師を終えたい方は読んでみて下さい。


看護師れもん

この記事があなたの人生の転機になる!

CHECK!「看護師の幸せを作る4ヶ条」これさえ知れば転職も安心!

何もしなかったら変わりませんよ!^^;


忙しいのはわかりますが、いつだって忙しいはず・・・。


今、1分読んでみるだけで
この先30年の人生が変わるかもしれないんですから
ちょっと立ち止まって読んでいって下さい♪



ポチッとすればシェアできますよ♪