看護師が転職で別の職業になるオススメの職業は??メリット・デメリット

看護師の仕事と言えば、
まず「病棟勤務」が
頭に思い浮かぶのではないでしょうか?

けれども
看護師は病棟勤務以外でも
たくさん活躍できる場所があるのはご存知でしょうか。

それは
どういった仕事なのでしょうか?

また看護師と全く別の職業に
転職をすることは可能なのでしょうか?

別の職業に転職をすると
なにかメリット・デメリットはあるのでしょうか?

今回は看護師が別の職業に転職をすることについて、
実際に病棟勤務看護師から保育士看護師へ転職経験のある私が
実体験を交えながら
ご紹介していきたいと思います。

この記事を読めば
看護師としての働き方を改めて考える機会になると思います。

そして
看護師の転職のリアルな情報を知れば、
自分の人生の選択肢も増えることになりますよ。

もちろん高収入の職業に転職すれば
海外旅行に行けたり、
おいしいグルメも楽しめたり
私生活も充実することも夢ではありません。

今転職しようか悩んでいる人、
看護師の働き方を考えている人も
ぜひこの記事を参考にして下さい。

CHECK!【参考記事】パートよりも常勤が絶対良い!!私が子育て中でも常勤では働く理由

看護師が転職しても「看護師」の経歴を活かせる別の職業

まずは、看護師さんが転職しても
看護師の経歴を活かすことのできる別の職業を紹介したいと思います。

看護師さんの別の職業の転職先には
看護師の経歴を活かす職業が人気です。

なぜなら
今までの看護師経験で獲得した知識や技術は即戦力になり、
待遇も優遇される場所も多く、重宝されやすいからです。

具体的には

  • 保健師
  • 助産師
  • 認定看護師
  • 専門看護師
  • 産業看護師
  • 治験コーディネーター
  • 保育園看護師

があげられますね。

看護師さんが有利な別の職業ー保健師・助産師

保健師・助産師は専門分野に特化した資格であり
保健所や助産院、病院などの医療機関など幅広く活躍できます。

周産期医療や地域医療に関わっていた看護師さんが
転職を希望することが多いようですね。

看護師さんが有利な別の職業①認定看護師・専門看護師

認定・専門看護師も同様で、
専門分野に深く従事し活躍したい看護師さん
選ぶようです。

また

看護師さんが有利な別の職業②産業看護師・治験コーディネーター・保育園看護師

産業看護師・治験コーディネーター・保育園看護師は、
企業に看護師として働きます。

産業看護師は保健室が職場となり、
社員の健康管理や保健指導を行います。

看護師さんが有利な別の職業③治験コーディネーター

治験コーディネーターは
被験者に対する説明やケア、
治験を行う医師のサポート対応などを行います。

看護師さんが有利な別の職業④保育園看護師

保育園看護師は保育園に従事し、
園児や保育士の健康管理や衛生管理を主に担当します。

他にも、どの職業も
看護師としての知識・技術が求められるので
「病棟以外で自分の力を活かしたい!」
と考える人にはおすすめですね。

私は実際
病棟看護師から保育園看護師に転職しました。

小児科で働いていた看護師経験が大いに役立ち
園児の体調不良時などは
すぐに対応できました。

また保育士さんからも健康管理について相談されることも多かったり
両親の悩みや相談に応じることもできたので、
病院以外でも自分が活躍できることがとってもうれしかったです。

こういった職業は
看護師の経験を活かし、
他の場所で自分の好きな事を仕事にできる利点から人気なようですね。

CHECK!【参考記事】 老健を「辞めたい」と思った時の対処法!!私が老健を辞めた理由

看護師が転職しても「看護師」の経歴を活かせない別の職業

看護師経験が必要のない職業は、
「もう看護師の仕事から離れたい。」
と思う人が多く選びます。

なぜなら看護師経験を必要としない職業は、
看護師として働くのではなく、
会社員や〇〇インストラクターといった
違った肩書きで働くからです。

主な就職先としては

  • 会社の一般事務
  • ヨガインストラクター
  • フラワーアレンジメント
  • ネイリスト
  • キャビンアテンダント

など
世間一般に知られている職業がたくさんありますね。

私の看護学校の友人で、
病院に勤めた後に
キャビンアテンダントに転職した人がいます。

その人は看護師の仕事が嫌になったわけではなく、
もともと英語を仕事にしたかったようでした。

看護師5年目の節目で
「そろそろ違う仕事もしてみたい!」と
思い切って転職をしたようです。

キャビンアテンダントの仕事は
病院勤めの看護師とはまた違い
接客技術
語学能力
などのスキルが求められます。

転職したばかりのときは
仕事についていくことが大変で
苦労も多かったようですが、

今は仕事を楽しむことができ、
世界中を飛び回っています。

また
年配の方とのコミュニケーションの取り方は
病棟勤めの経験が役に立っているとも言っていました。

看護師以外の肩書でも
看護師として得た経験は
どんな形でも役に立ちますね。

看護師以外の職業を選ぶ人には
このように
「他の職業で挑戦してみたい。」
「もっと自分の好きな事を仕事にしたい。」
など

新しい人生を選択する人も選ぶのです。

CHECK!【参考記事】 2年目で転職した私がクリニックを選んで良かった5つのこと!!

看護師以外の職業に転職するメリット・デメリットはなに?

では、看護師さんが別の職業に転職するメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット①看護師が別の職業に転職すると
精神的・体力的プレッシャーからの解放される

看護師さんが別の職業に転職するメリットとして
心身の緊張から解放されることがあがります。
これは主に、看護師の経験を必要としない職業にあてはまります。

命に直接関わることがなく、
休みを確保しやすい点が理由です。

医療業界以外の一般企業の大半は
仕事内容は事務などオフィスワークが多く、
生死に関与するようなことはまずないですよね。

勤務形態も
夜勤もなく、土日休みといったカレンダー通りの勤務です。

今までプライベートを充実できなかったと感じる人には
大変うれしいことですね。

このように
心身のプレッシャーから解放され、
私生活も自分のしたいことができることはメリットになります。

デメリット①看護師が別の職業に転職すると
収入が減る

次に看護師さんが別の職業に転職した時のデメリットには、
収入が減ることがあります。

これは看護師が一般企業に勤めている事務職よりは比較的収入が高いからです。

看護師の年収が高い理由は

  • 夜勤手当
  • 待機手当
  • 基本給が一般職より高い

ことが理由としてあります。

看護師は命を扱う仕事のため
専門的スキルも知識も必要になりますよね。

しかし一般企業は夜勤もありませんし
看護師の専門的スキル・知識は必要ではありません。

看護師の給料が一般職より高いのは、
それに見合ったスキルを提供しているからです。

私が保育園看護師に転職した時、
夜勤もなく医療ケアもすることはありませんでした。

土日祝も休みになり、
病棟でバリバリ働いていた時に比べると
出かけることも多くなりました。

しかしお給料は
病棟で働いていたときより-15万ほどに減りました。

正直貯金がしにくくなったり
好きなものを買うときに躊躇することが多くなりました。

看護師として働いていた時と一緒の金銭感覚だと
生活水準が落とせず苦労もするかもしれませんね。

このため収入が減ることがデメリットになります。

デメリット②看護師が別の職業に転職すると
就職活動に苦労する

一般職へ転職を希望した場合、
まず転職の苦労をすることになります。

なぜなら、
一般職への転職は看護業界と比べて
就職難の状況が続いているからです。

看護師の皆さんのほとんどは、
看護師としての就職活動をスムーズに通過できた人も多いのではないでしょうか?

しかし一般職は違います。

世間は大学2年からもう就活を始める風潮で、
一人何十社も受けて内定をやっと一つとります。

簿記やパソコン系の資格を持っている人なら
条件に合う会社も多くありますが、

看護師以外の資格がない人は
他の就活性と内定を争わなければなりません。

もちろん
今まで看護師として働いてきた実績も
プラスとしてみてくれる企業もありますが、
世間の大多数の企業はあまり重要視しないのが現実です。

このことから、
就職活動に労することがデメリットになります。

CHECK!【参考記事】 転職してエステティシャンってあり??経験は活かせるの??

看護師が転職で選ぶ別の職業とは?のまとめ

  1. 転職先にはどんな職業があるの?
    看護師が転職を選ぶ職業には
    「看護師の経験が必要なもの」
    「看護師の資格が必要でないもの」
    の2つに大きく分けられ、
    それぞれ自分が求めるものによって転職をするようです。
  2. 看護師以外の職業に転職するメリット・デメリットはなに?
    メリット
    緊張状態から解放される環境を手に入れられること、
    デメリット
    収入が減ること
    就職活動に苦労すること
    が考えられます。

ここまで
看護師が別の職業に転職をすることについて
メリット・デメリットを含め
ご紹介してきました。

もちろん
この記事で述べた職業が全てではなく、
社会にはたくさんの看護師がそれぞれの立場・役職で活躍しています。

これから時代の流れとともに
看護師の活躍できる場所はたくさん増えてくるでしょう。

私個人の意見としては
別の職業に転職をしても
ぜひ看護師の経験を活かす仕事を選んでほしいです。

看護師の仕事は
対人のスペシャリストです。

社会で生きる限り、
必ず人と何らかの形で接していくことになります。

看護師としてたくさんの人と関わり
命と接してきた経験は、
どんな職場でも必ず活かすことができると私は考えます。

これから先も、
「看護師でよかったなぁ。」と思える人生を
一人でも多く送ってくれることが私の願いです。

CHECK!【参考記事】パートよりも常勤が絶対良い!!私が子育て中でも常勤では働く理由

番外編:看護師が別の職業への転職を考えるきっかけはなに?

ここでは看護師が転職を考えるきっかけについて
ご紹介していきます。

看護師が転職を考えるきっかけは、
今の職場以上に「いい環境」を求めるときです

なぜなら転職理由は全て
「今の職場では解決できない事」
または
「今の職場では成し遂げられない事」
の2つに分けられるからです。

まず転職をする理由の一つ
「今の職場では解決できない事」について。

これはお主に
ネガティブな理由を示します。

看護師の退職理由で圧倒的に多いものが、
「人間関係のトラブル」
「激務に体力がついていけない」
といった悩みです。

看護師の職場は
圧倒的な女性縦社会。

さらに病棟は閉鎖的で独特なため
一度人間関係がこじれると
完全に修復することは難しいですよね。

また仕事内容もハードですよね。

日勤・夜勤はもちろん
3交代では準夜、深夜、長日勤も加わり、
不規則な仕事に体がもたず、体調を崩す人も多いです。

人を変えることは難しいですし、
歩み寄ろうにも相手がこちらに聞く耳を持ってくれなければ
対人関係は一向によくならないですよね。

さらに
仕事量を一人だけ減らしてもらうことも気が引けるし、
他スタッフの目もきになります。

「いくら自分が今の職場でがんばってもどうしようもない…。」
「忙しすぎて全然休みがとれない…。」
「もっと休みやすいところで働きたい…。」
「今より雰囲気のいい病棟で働きたい…。」

と悩み、
今よりいい環境を求めて転職をするわけですね。

次に転職する理由の二つ目
「今の職場では成し遂げられない事」

これは先のネガティブな理由とは違い
ポジティブな理由を示します。

それは
「スキルアップをしたい。」
「他の職業に挑戦したい。」
といった理由があります。

看護師のスキルアップの道は
専門看護師
認定看護師
が代表的にあげられますね。

全国の病院には
専門・認定看護師になるために
働きながら勉強ができる養成の施設がたくさんあるんですよ。

私の母は
最近感染管理認定看護師の資格を取得しました。

一般病棟でずっと看護師長として働いていた母ですが、
病棟の中で器具の扱い方や
職員の清潔行為が徹底されていないことが問題になっており

「どうすれば感染対策がもっと改善できるのか?
感染看護をもっと学びたい!」と思い、

感染管理認定看護師の道に進むことを決めました。

そのため師長職を一旦退職し、
所定の教育機関で「学生」へと転職しました。

そして無事に資格を習得した後に
また同病院に感染管理専門看護師として入職しました。

現在は
病院を感染管理のプロの視点からみて
指導など業務にあたっています。

ずっと病棟師長として働いていたら
感染管理の勉強をすることは非常に難しいですよね。

母は
更に勉強ができるよりよい環境を求めて
転職をしたのです。

そんな母は毎日いきいきと働いており、
思い切って看護師からスキルアップの道を選んだ母は
本当にすごいと思いますし尊敬しています。

このように
ネガティブ・ポジティブそれぞれの理由から
自分にとって今以上にいい環境を求め、
転職を考えるきっかけになるのです。

➡︎【参考記事】 看護師で年収800万稼ぐことはできる??高収入ナースへの3つの道

CHECK!【実体験】転職なんて諦めかけてた私の転職ストーリー

私は本気で看護師さんに幸せになって欲しい

私は辛いままの看護師さんを救いたい!

これまで書いた記事は200記事。

これだけ情報を集めてきて思うのは
耐えてるだけでは状況は変えられないってことです。


看護師れもん

給料が低くても
体が、心がボロボロでも
耐えてるだけでは何も変わりません!


そんな中一番確実で簡単なのが転職することです。


  • 職場では怒られてばかり
  • 会話すら楽しめない
  • 勤務中に涙が止まら無い
  • 心に余裕がなくて家族にも迷惑をかける

こんな暮らしをしてきた看護師さんが、1ヶ月後には


  • 給料が上がった
  • 同僚との会話が楽しい
  • 子供と会える幸せな毎日
  • プライベートも楽しめる

って暮らしをしてたりします。

看護師れもん

行動した人の生活は
変わっていっています!


学生時代から勉強して受験に受かって
看護学校で勉強し
壮絶な看護実習を仲間と乗り越えて
晴れて看護師になって・・・我慢地獄。



こんな人生おかしい!
苦しいだけの看護師はやめましょう!


看護師って、もっと幸せに働くことができます。

4つのポイントさえ押さえれば
看護師で超幸せになることは可能なんです!


看護師として幸せになる転職術をこちらの記事で解説してます!
耐えるだけの看護師を終えたい方は読んでみて下さい。


看護師れもん

この記事があなたの人生の転機になる!

CHECK!「看護師の幸せを作る4ヶ条」これさえ知れば転職も安心!

何もしなかったら変わりませんよ!^^;


忙しいのはわかりますが、いつだって忙しいはず・・・。


今、1分読んでみるだけで
この先30年の人生が変わるかもしれないんですから
ちょっと立ち止まって読んでいって下さい♪



ポチッとすればシェアできますよ♪