看護師に送る-転職後すぐに辞めたいと思った時の対処法!

今回は
看護師さんが転職後すぐに辞めたいと思った時
どのように対処していけばいいのかをお話していきますね。

 

 

転職したけど全然思っていた仕事内容じゃなかった
募集時の条件や契約と全然違う
収入が聞いていたより低いんだけど…

 

 

このように
転職後すぐに退職したいと思うことってあるんですよね。

 

でも
転職後すぐに退職してもいいのかな…?
この状況に我慢できないからなるべく早く辞めたいけど
まずどうすればいいかわからない

 

 

このように退職を決意しても
この退職が自分の履歴書に影響してしまうのでは?と考えたり
何から取りかかるべきなのか悩んだりします。

 

 

でも退職を悩みながら、そのまま働き続けると
自分の精神や体を病んでいくだけなんです
そんなの本当にもったいない!

 

 

転職後すぐでも
今の職場を辞めて、次の転職を成功させることは可能なんです!!

 

 

ぜひ次の転職を成功させて

 

人間関係も最高で仕事も楽しいし
スキルアップだってできる
さらにプライベートの時間もしっかり確保できる
そんな職場で働きましょうね!

 

 

ということで看護師さんが転職後すぐに退職したいと思った時に
どのように行動すればいいのかを解説していきますね。

 

看護師さんが転職後辞めたいと思った時の対処法①退職理由を明確にする

 

まずは「辞めたい」と
焦る気持ちを一旦落ち着かせましょう
そして「退職理由」について考えましょう。

 

 

  • 中途採用だから即戦力を求められて辛い
  • 転職してすぐなのに仕事を教えてくれる人がいない
  • 仕事ができないまま働くのでミス・失敗・インシデントが怖い
  • 人間関係が最悪
  • 雰囲気が合わない
  • 仕事と家庭が両立できない

 

 

このように
辞めたいと思う理由は人によって様々あると思います。

 

 

その退職の理由が
「上司に相談して解決できるもの」
「様子を見た方がいいもの」
「様子を見ても状況が変わることがないもの」
なのかを見極める必要がありますね。

 

 

というのも
しっかりとした退職理由がないと
辞めると決めても、職場にうまく自分の思いを伝えることが出来ません

 

また
今後転職活動をするにあたっても退職理由は必要となるんですね。

 

 

「なぜ辞めたか」を聞かれたときに
はっきりとした理由があるかどうかで
転職先の面接者に与える印象も変わってきますからね。

 

 

また、辞めたい理由を考えていると
その気持ちに整理がついて
解決することもあるんですよ。

 

 

ということで
まずは落ち着いて、退職理由を改めて考えてみましょう。

 

看護師さんが転職後辞めたいと思った時の対処法②上司に相談する

 

辞める理由がはっきりとしたら上司に相談してみましょう

 

 

相談することで
解決できる問題なら対応してくれるはずです。

例えば

  • 勤務条件が募集時と違うので困っている
  • 残業が多くて困っている
  • 仕事と家庭の両立が厳しいので続けられそうにない
  • 実際に働いてみて〇〇だった。辞めることも考えています。
  • 人間関係がうまくいかない
  • 入ったばかりなのに指導をしっかりしてもらえない
  • 慣れないまま仕事をしている現状でミスや失敗インシデントが怖い

 

などですね。

 

 

人間関係について相談した場合は
具体的なアドバイスがもらえる可能性があります。
また、そのように困った場面で
手助けしてくれることもあります。

 

 

プリセプター制度があるにも関わらず
しっかりと教育されない場合は
現場に働きかけてしっかり教育できるよう
体制を整備してくれることもあります。

 

 

勤務条件や残業、家庭との両立ができないことについては
部署の変更勤務時間などの変更ができるかもしれません。

 

 

実際に働いてみて、そのギャップがある場合には
現場に働きかけてくれるかもしれません。

 

 

上司に伝えることで
暗い気持ちで、一人で悩んでいたところに
光が差すように悩みが解決することがあるんですね。

 

 

でもここで、対応を断られた場合
働き続けることが難しくなりますよね。

 

 

ということで
辞めたいと思っている場合も
辞めることを決めている場合も
必ず一度は上司に話しておきましょうね。

 

 

看護師さんが転職後辞めたいと思った時の対処法③1か月ほど様子を見てみる

 

辞めたいと思っても
もし1か月ほど我慢できるのならその期間様子を見てみるのがおすすめです。

 

 

というのも
中途採用で転職してすぐは
職場のスタッフも自分のことを理解していないこともあるし
自分自身も自分の仕事で手一杯になっていて
周りが見えていないことがあるんですね

 

例えば1か月我慢して働いてみたら

 

  • 自分を理解してもらえるようになった
  • 仕事の全体が見えるようになって楽に仕事ができるようになった
  • システムに慣れて働きやすくなった
  • 人間関係が見えるようになって苦手な人の扱いがわかってきた

 

など、改善してくることもあるんですね。

 

 

ですのでもし我慢できるようであれば
転職後1か月は様子を見ながら働いてみてください。

 

 

働き始めたころに
辞めたい!!と思った時とは
違う景色が見えてくることがありますからね。

 

 

看護師さんが転職後辞めたいと思った時の対処法④状況が変わらない場合は退職する

 

 

1か月くらい我慢して様子を見て
さらに上司にも状況の改善を求めて…。

 

 

それで何の改善も見られない場合や
状況が変わる見込みのない場合退職するのがいいですね

 

 

というのも

 

  • ブラック企業だった
  • いじめられる
  • どうしても合わない

 

という職場で我慢して働き続けると
ほぼ多くの場合で肉体的・精神的なダメージを受けて
自分の体を壊すんですね。

 

 

もし家庭を持つ看護師の場合は
家庭も壊してしまう恐れがあります。

 

 

ですので
そのような職場では退職して
職場を変えないと
状況は改善しないことが多いんですね。

 

 

看護師さんが転職後すぐ辞めたいと思ったときの退職を伝えるタイミング

 

退職の意思が固まっているのなら伝えるタイミングはできるだけ早い方がいいですね。

 

労働基準法には
「労働機関の契約に関することを書面で明示すること」としかないんですね。

 

民法上
「労働者は少なくとも2週間(14日)前までに退職の申し出をすることによって
いつでも労働契約を解除することができる」
という旨の記載があります。

 

 

ですので
少なくとも14日前には退職の意思を伝えた方がいいということになります。

 

 

職場によっては職場の規定で
3か月前までに退職の申し出をする必要がある
などと決められていることがありますので
確認をしておきましょうね。

 

 

使用期間中の退職

 

使用期間中の退職であればすぐに辞めることが出来るのが一般的です。

 

 

また試用期間中の退職は履歴書に書かなくてもいいんですね。
そのため
次の転職活動に影響を与える心配がありません

 

 

ということで
辞めるのなら使用期間中に決断したほうがいいでしょうね。

 

 

看護師さんが転職後すぐ辞めたいと思ったときの転職活動の時期

 

看護師さんが転職後に辞めたいかも!と思った時から
早めに転職活動をすることをお勧めします!

 

なぜなら、求めている良い条件の職場って意外と少ないんですよね。

 

 

というのも
条件のいい職場ではすでに沢山の看護師がいて
長年辞めずに働き続けている場合が多いんですね。

 

 

例えば
「あの病院いいな~」と思っていても
自分が転職したいタイミングと
希望の勤務先が求人を出すタイミングが
必ずしも一致するとは限らないんですね。

 

 

実際に私もあるんですが

「あの病院いつも風邪ひいたときに行くけど
看護師さんたち仲いいし
仕事楽そうだし
クリニック綺麗で先生も優しいし
働きたいな~」

と思っていた病院があったんですね。

 

 

インフルエンザにかかって久しぶりに受診したら
前の職場に派遣で来ていた人が働いていたんです。

 

 

「いいな―――――!!!!!」って
心底うらやましく思いましたね(笑)

 

 

人気の病院は求人を出してもすぐになくなってしまうんですね。
転職は運とタイミングが大事です

 

 

ですので
辞めたいと思ってからすぐに転職先を探すことをお勧めします!

 

 

看護師さんが転職後すぐ辞めたいと思ったときの次の転職先の探し方

 

転職してすぐ辞めるのを繰り返すと短期間での転職回数が増えてしまいます
それは今後の転職活動をするときに
転職先にいい印象を与えないので
少し不利になるんですね。

 

 

ですので
転職活動をするときには
しっかりとポイントを押さえて後悔のない転職をしていく必要があります

一度転職に失敗すると次の転職の時には失敗したくないですよね
転職したのにまた転職に失敗してしまった!また辞めたい!

なんてことにならないように
失敗した経験を生かして次の職場探しをしましょう!

 

転職の時に考えておくべきことは

  • 自分がどんな働き方をしたいのかを明確にする
  • 働くにあたって絶対に必要な条件を挙げておく
  • 労働条件や待遇、給料などは書面で確認する
  • 不明な点は納得ができるまで確認する
  • 病院の雰囲気を実際に訪れて確認する

 

などがあります

 

 

でも実際働きながらの転職活動は本当に大変です!!

 

 

なので、一番おすすめなのは転職サイトに登録することです。

 

初めに条件を伝えておけば
自分に合った条件の病院をピックアップして紹介してくれますし
実際に働かないとわからない
内部事情や職場の雰囲気、患者層
働いているスタッフの年齢層や子供がいるかなど
細かな情報が手に入ります。
また、自分でも気づかない職場への条件を引き出してくれます。

 

 

さらに
退職にあたって勤務先への伝え方や
転職するにあたっての転職先の選び方
履歴書の書き方や志望理由の書き方まで
かなり細かく相談に乗ってくれます。

 

私自身も転職サイトにお世話になって
円満に転職することが出来ました。

 

忙しくて転職先を探す時間が無い場合でも
勤務条件などの交渉もしてくれるのですごくいいですよ!!

 

転職後すぐに退職を決意した私の話

 

実は私も転職後すぐに「辞めたい!!」と思って焦ったことがあるんです。

 

結局辞めることが出来て
よりよい職場に転職することが出来ましたが
もっと早く辞めればよかったと思っています。

 

私が転職した理由

 

東京の大学病院で7年働いた後
結婚して地元に帰ってきたんですね。

 

 

その時は大学病院での仕事に疲れ切っていたんですが
仕事は続けるつもりでいました。
なので、とにかく楽な職場で働きたいと思っていました。

 

 

そこで楽な仕事=老健施設と思っていた私は
家の近所の老健施設で働き始めたんですね。
この時は自分で直接施設に
「看護師の求人をしていませんか?」と電話したんですよね。(笑)

 

 

自分が思っていた勤務先の条件は

 

  • 楽な職場
  • 老健

 

だけでした。
働ければどこでもいいと思っていたんですね。

 

 

老健施設で働くにあたって、面接の時に

 

  • 大学病院と比べると給料はだいぶ下がるけど大丈夫?
  • 大学病院と勝手が違うからうちのやり方があるんだよね
    それに慣れてもらう必要があるんだけど大丈夫?

 

という話をされました。

 

 

その時にあまり深く考えず
「大学病院より給料下がるのは当たり前だし
老健に大学病院並みの設備や、やり方を求めないよね~」
と思って
何も考えずに「はい」と
返事をして働くことになったんですね。

 

 

でも

実際に働き始めるとすごく嫌なことがいっぱいあったんです

 

老健の現実

働き始めてまず最初に思ったのは汚い!でした

 

介護士さんの方が人数が多く仕事の内容も多いため
ほぼ介護士さんが利用者さんの介護を行います。

 

 

その介護士さんの介助方法が汚いんですね。

 

 

靴をはかせたまま利用者さんをベッドに横にしたり
排せつ介助した後の手袋を使いまわしていたんですね…。

 

 

さらに看護師の仕事の雑さも目につきました。
患者さんの扱いが雑で
皮膚の弱い患者さんの腕の皮がむけたり

同じ手袋で違う軟膏を色んな利用者さんに塗っていたり…。

 

施設のやり方があるのは理解できるんですが…。
これはダメだよ…と思っていました。
施設の都合は知りませんが
被害を受けるのは利用者さんなんですよね…。

 

 

初めのころは
「ここは大学病院じゃない
これが普通の施設のやり方なんだ
慣れていくしかない」

と自分に言い聞かせていました。

 

 

 

しかも面接の時に

  • 大学病院と比べると給料はだいぶ下がるけど大丈夫?
  • 大学病院と勝手が違うからうちのやり方があるんだよね
    それに慣れてもらう必要があるんだけど大丈夫?

 

という話をされていたので覚悟していた部分ではあるんです

 

 

でも実際にそういった光景を目の当たりにすると
ものすごく精神的にショックを受けるんですね。

 

 

「自分はこんな看護師になりたくない」

 

 

 

という強い思いが噴出してきたんですね。

 

 

辞めたいと思ったのは入って2週間もしないころでした。

 

さらに辞めたいと思った出来事

 

老健で働き始めて
「慣れるまでの辛抱」
と思って
1か月たったころに給料日が来たんですね。

 

給料は手取りで13万円でした。

 

大学病院時代に手取りで30万前後貰っていたので
あまりの低さに愕然としたのを覚えています。

 

この時も面接の時に

  • 大学病院と比べると給料はだいぶ下がるけど大丈夫?
  • 大学病院と勝手が違うからうちのやり方があるんだよね
    それに慣れてもらう必要があるんだけど大丈夫?

 

という話をされていたので覚悟はしていましたが
これで今後生活していくの大丈夫かな…。

 

不安に思いましたね。

 

転職する覚悟をした出来事

 

働き始めて半年ぐらいしたころ
お腹が痛くて下血したんですね。

 

お腹が痛くてたまらなくて
内視鏡検査をしたら大腸粘膜が潰瘍だらけになっていたんです。
食事が食べられる状態ではなかったのですぐに入院になりました。

 

 

ちょうどそのころは職場環境や業務改善の提案をしようと
常に仕事のことを考えている状態でした。

 

寝る前も
起きてからも
夢の中でも
出かけた先でも
常に仕事のことを考えていたんですね。

 

考えすぎて眠れないくらい考えていたら
ストレスでとうとう体が悲鳴を上げていたんですね。

 

この入院をきっかけに
「私はここで働き続けたらもっと大変なことになる」
と、転職を決意したんですね。

 

転職した時のこと

 

私の場合は入院したことで腹をくくったんですね。

 

 

辞める以前から
「こんなに清潔不潔も区別されていないのは良くないと思います」
「介護士さんたちの意識を変えたいです」
など、上司に伝えていて対応してもらっていたんですね。

 

…今思うと入ってすぐのクセにちょっと生意気ですよね。(笑)

 

 

 

なので、私が施設のことで悩んでいて
業務改善しようとしているということは
ほとんどみんなが知っていました

 

辞める理由としても
「体調を壊すほどこの職場が合いませんでした。
私の思う老健像が間違っていました。
期待に沿えず退職ということになり申し訳ありませんでした」

と伝えることが出来たんですね。

 

辞める直前まで
施設長にかなり引きとめられたんですが
次の転職先を決めていたので
なんとか辞めることができました。

 

 

転職を悩んで、実際に行動に移すまで8カ月かかりました。
入院するまで自分の思いに気付けなかったのは本当に大変でしたが
とてもいい経験になりました。

 

 

転職に失敗して学んだこと

私にとって
この老健への転職は
初めての転職でした。

 

 

初めての転職で
ものすごく大変な思いをしたからこそ
すごくいい経験になりましたね。

 

転職は簡単にできるんですが
入職してしまうと辞めるのは大変です

 

 

転職はしっかり考えないと
転職先にも自分にも負担になることがわかりましたね。

 

 

私のように
「体を壊して入院しないと転職出来ない」
なんてことにならないようにしてほしいですね。

 

職場に違和感を覚えて
自分ではどうしようもならない状況にあるなら
早めに転職したほうがいいですよ!!

 

 

まとめ

 

転職して楽しく働けると思っていたのに現実は全く違っていてすぐに辞めたくなった!
というのは意外とよくあるんですよね。

 

転職先が自分に合わなくて
それでも働き続けることは

「いいこと」

ではありません。

 

探せば自分に合った職場というのは絶対にあるんですね。

 

看護師さんが転職後すぐに辞めたいと思った時にすべきこと

  1. 退職理由を明確にする
  2. 上司に相談する
  3. 一カ月ほど様子を見る
  4. 状況が変わらない場合は退職する
  5. 退職を伝えるタイミングは 最悪、14日前まで
    でも職場によって違う
  6. 転職活動の時期
    辞めたいと思った時できるだけ早めに
  7. 転職先の探し方
    ・転職サイトを利用する

    自分がどんな働き方をしたいのかを明確にする
    働くにあたって絶対に必要な条件を挙げておく
    労働条件や待遇、給料などは書面で確認する
    不明な点は納得ができるまで確認する
    病院の雰囲気を実際に訪れて確認する

 

現状に問題があるのなら
ぜひ実践してみてくださいね。

これからの仕事がいい方向に向かうことを祈っています!

 

CHECK!【実体験】転職なんて諦めかけてた私の転職ストーリー

私は本気で看護師さんに幸せになって欲しい

私は辛いままの看護師さんを救いたい!

これまで書いた記事は200記事。

これだけ情報を集めてきて思うのは
耐えてるだけでは状況は変えられないってことです。


看護師れもん

給料が低くても
体が、心がボロボロでも
耐えてるだけでは何も変わりません!


そんな中一番確実で簡単なのが転職することです。


  • 職場では怒られてばかり
  • 会話すら楽しめない
  • 勤務中に涙が止まら無い
  • 心に余裕がなくて家族にも迷惑をかける

こんな暮らしをしてきた看護師さんが、1ヶ月後には


  • 給料が上がった
  • 同僚との会話が楽しい
  • 子供と会える幸せな毎日
  • プライベートも楽しめる

って暮らしをしてたりします。

看護師れもん

行動した人の生活は
変わっていっています!


学生時代から勉強して受験に受かって
看護学校で勉強し
壮絶な看護実習を仲間と乗り越えて
晴れて看護師になって・・・我慢地獄。



こんな人生おかしい!
苦しいだけの看護師はやめましょう!


看護師って、もっと幸せに働くことができます。

4つのポイントさえ押さえれば
看護師で超幸せになることは可能なんです!


看護師として幸せになる転職術をこちらの記事で解説してます!
耐えるだけの看護師を終えたい方は読んでみて下さい。


看護師れもん

この記事があなたの人生の転機になる!

CHECK!「看護師の幸せを作る4ヶ条」これさえ知れば転職も安心!

何もしなかったら変わりませんよ!^^;


忙しいのはわかりますが、いつだって忙しいはず・・・。


今、1分読んでみるだけで
この先30年の人生が変わるかもしれないんですから
ちょっと立ち止まって読んでいって下さい♪



ポチッとすればシェアできますよ♪