これで安心!!看護師がプリセプターと合わないと感じた時の5つの対処法

今回は、看護師がプリセプターと合わないと感じた時の対処法について解説していきます。

看護師で、プリセプターと合わないと感じていても、
どうすればいいのかわからなくて、辛い思いをしながら働いている人も多いはず。

実は、私も看護師の新人時代は
プリセプターと合わないどころか、
プリセプターのことが大嫌いでした。笑

プリセプターと合わないと感じた時の対処法を身に付けておけば、
看護師として、今よりストレスなく働くことが出来ますよ。

そうすれば
仕事中は自分の仕事に集中出来るし、

休みの日も仕事の事を考えてイライラすることもなく
お子さんと遊園地で遊んだりして楽しい時間を過ごせますよ!

そして
看護師の仕事が、今より好きになれるかもしれませんね。

ということで
看護師がプリセプターと合わないと感じた時の対処法について解説していきます!

➡︎【参考記事】 看護師の異動と退職は結局どっちがいい!?メリットデメリット徹底比較!!

合わないプリセプターの看護師さんも人間だと理解する

合わないと感じるプリセプターの看護師さんも
自分と同じ人間だと理解することは
看護師がプリセプターと合わないと感じた時の対処法のひとつです!

プリセプターも自分と同じ人間だと考えられるようになれば、
プリセプターが怒ったり、多少理不尽なことを言ってきたとしても、
それを許すことが出来るようになってきますよ。

私も看護師の新人時代に、合わないと感じていたプリセプターから、
理不尽なことで怒られたりして、

「私は悪くないのになんで怒られなきゃいけないの!!」
と毎日のように感じていました。笑

そんな時、ふと

「プリセプターも自分と同じ人間で、完璧じゃないんだ」
と思うようにしたら、少しだけ怒りや悲しみを抑えることが出来るようになりましたよ。

自分が合わないと感じているプリセプターも、
もしかしたらプリセプターを任されたのが初めてで、
どう指導していいのか戸惑っているのかもしれない。

または
自分の仕事だけでいっぱいいっぱいでイライラしているのかもしれない

実際はそんな風に考えられないことも多くて、

「いや、でもやっぱりむかつく!!」
とイライラしてしまうこともありましたけどね。笑

一度冷静になるためには必要な考え方だと思います!

ということで
プリセプターも自分と同じ人間だと理解することは、
看護師がプリセプターと合わないと感じた時の対処法のひとつです!

➡︎【参考記事】 「看護師は疲れた、辞めたい・・」後悔しないために今やるべきこと

プリセプターに挨拶だけでもしっかりとする

合わないと感じるプリセプターの看護師さんに挨拶だけでもしっかりとすることも、
看護師がプリセプターと合わないと感じた時の対処法のひとつです!

挨拶は、合わないな、嫌いだなと感じている人に対しても、
少し頑張れば出来る、一番簡単なコミュニケーションです。

挨拶を交わすだけでも
合わないと感じているプリセプターとの関係をよくすることができますよ!

「合わない!」と感じているプリセプターと
積極的に話す気には全くなれませんよね。

私も看護師の新人時代は、合わないと感じていたプリセプターとは、
無理にコミュニケーションをとろうとはしませんでした。
無理しても疲れるだけですからね!

ただ、
「おはようございます!」
「おつかれさまでした!」
の挨拶だけは、笑顔ではっきりとするようにしていました。

その時だけ、頑張ればいいんです!笑

そうすると意外と相手も笑顔で返してくれたりして、

「あれ、意外といい人なのかも?」
と感じることが出来たりしましたよ。

ということで
挨拶だけでもしっかりとすることは
看護師がプリセプターと合わないと感じた時の対処法です!

➡︎【参考記事】 看護師が転職して「合わない。」と感じた時の6つの解決策

プリセプターの看護師さんに手紙で思っていることを伝える

合わないプリセプターさんでも手紙で思っていることを伝えることも、
看護師さんがプリセプターと合わないと感じた時の対処法のひとつです!

直接だと伝えづらいことも、手紙に書いて伝えると比較的伝えやすいので、
コミュニケーションをとることが出来て、
プリセプターとの関係をよくすることが出来ます。

私も看護師の新人時代は

「今仕事のこんなことを辛いと感じている」
ということや
「今日言われたここが納得できなかった!」

ということを、プリセプターに対して、
口ではどうしても伝えにくかったので、手紙に書いて伝えていました!

最初は手紙ですら伝えるのが怖かったけれど、
きちんと伝えればプリセプターも意外ときちんと答えてくれますよ!

特に私のように、

  • 自分が感じていることや思っていることを口で伝えることが苦手な人
  • 普段から思っていることを中々人に伝えることが出来ない人

にはとてもおすすめの対処法です!

ということで、プリセプターに手紙で思っていることを伝えることは、
看護師がプリセプターと合わないと感じた時の対処法のひとつです。

➡︎【参考記事】 看護師の2年目で転職した私がクリニックを選んで良かった5つのこと!!

プリセプターと合わないことを看護師の同期に相談する

合わないプリセプターのことを看護師の同期に相談することも、
看護師がプリセプターと合わないと感じた時の対処法のひとつです!

看護師の同期であれば多かれ少なかれ、
プリセプターさんとの関係で悩んでいる人がほとんどです!

同じ悩みを抱えている人たちと話すことで、ストレス解消にもなるし、
自分じゃ思いつかないような新しい対策法が見つかりますよ!

私も看護師の新人時代は、仕事後にほぼ毎日飲みに行って

「今日は本当にむかついた!!」
「こんなこと言われた!信じられない!」

と、看護師の同期と悩みや愚痴を言い合っていました。笑

同期とお酒を飲みながら話していると、
プリセプターとのことなんかどうでもよくなったりして、
気が楽になって

「まぁ、大変だけど明日も頑張るか!」
と思うことが出来ましたよ。笑

ということで、プリセプターのことを看護師の同期に相談することも、
看護師がプリセプターと合わないと感じた時の対処法のひとつです!

➡︎【参考記事】 看護師の異動と退職は結局どっちがいい!?メリットデメリット徹底比較!!

プリセプターを代えてもらうように頼む

看護師さんがプリセプターと合わないと感じた時
プリセプターを代えてもらうように頼むことも、
看護師のプリセプターと合わないと感じた時の対処法のひとつですね!

これは最終手段かもしれませんが。笑

プリセプターが合わないと感じてから、自分なりに色々考えて頑張ってみたけど、
もうどうしても無理!という時は、我慢していても仕方ありません。
合わないと感じているプリセプターを変えてもらうのが一番手っ取り早い手段です!

私の友人は、プリセプターと合わなくてずっと悩んでいて
ついに我慢の限界が来て、看護師長に相談して
すぐにプリセプターを変えてもらっていました。

「プリセプターが変わったら世界が変わった!」
「もっと早く相談していればよかった!」

と言っていて、プリセプターが変わってからは、
見違えるように生き生きと働いていましたよ。笑

ということで
プリセプターを変えてもらうことは
看護師がプリセプターと合わないと感じた時の対処法の一つです!

➡︎【参考記事】 「看護師は疲れた、辞めたい・・」後悔しないために今やるべきこと

看護師さんがプリセプターと合わない時の対処法まとめ

ということで
看護師さんがプリセプターが合わないと感じた時の対処法について解説してきました。

  1. プリセプターも自分と同じ人間だと理解する

    プリセプターも自分と同じ人間だと考えられるようになれば
    プリセプターが多少理不尽なことを言ってきても許すことが出来るようになります。

  2. プリセプターに挨拶だけでもしっかりとする

    挨拶を交わすだけでも
    合わないと感じているプリセプターとの関係を、よくすることが出来ます。

  3. プリセプターに手紙で思っていることを伝える

    直接だと伝えづらいことも手紙に書いて伝えると比較的伝えやすく
    コミュニケーションをとることが出来るので
    プリセプターとの関係をよくすることが出来ます。

  4. プリセプターのことを看護師の同期に相談する

    同じ悩みを抱えている人たちと話すことで
    ストレス解消にもなるし自分では思いつかないような新しい対策法が見つかります。

  5. プリセプターを変えてもらうように頼む

    どうしても無理!という時は、我慢していても仕方ないので
    合わないと感じているプリセプターを変えてもらうのが、一番手っ取り早い手段です。

看護師として働く中で、プリセプターと合わないな、辛いなと感じたら、
これらの、看護師のプリセプターが合わないと感じた時の対処法を試してみて下さいね!

あなたとプリセプターは看護師の世界では、先輩、後輩という関係性ですが、
その前に対等な人間だということを忘れないで下さい!

仕事に関しては先輩の方が立場は上かもしれませんが、
あなたにだって「嫌だ」「納得できない」と言う権利はもちろんあります。

全部自分が悪いんだ、と思う必要は全くないと私は思います!

プリセプターが理不尽なことや嫌なことばかり言ってきて、辛い時は、
ただ我慢するだけじゃなくて、自分なりの対処法を見つけていけるといいですね。

➡︎【参考記事】 看護師が転職して「合わない。」と感じた時の6つの解決策

CHECK!【実体験】転職なんて諦めかけてた私の転職ストーリー

私は本気で看護師さんに幸せになって欲しい

私は辛いままの看護師さんを救いたい!

これまで書いた記事は200記事。

これだけ情報を集めてきて思うのは
耐えてるだけでは状況は変えられないってことです。


看護師れもん

給料が低くても
体が、心がボロボロでも
耐えてるだけでは何も変わりません!


そんな中一番確実で簡単なのが転職することです。


  • 職場では怒られてばかり
  • 会話すら楽しめない
  • 勤務中に涙が止まら無い
  • 心に余裕がなくて家族にも迷惑をかける

こんな暮らしをしてきた看護師さんが、1ヶ月後には


  • 給料が上がった
  • 同僚との会話が楽しい
  • 子供と会える幸せな毎日
  • プライベートも楽しめる

って暮らしをしてたりします。

看護師れもん

行動した人の生活は
変わっていっています!


学生時代から勉強して受験に受かって
看護学校で勉強し
壮絶な看護実習を仲間と乗り越えて
晴れて看護師になって・・・我慢地獄。



こんな人生おかしい!
苦しいだけの看護師はやめましょう!


看護師って、もっと幸せに働くことができます。

4つのポイントさえ押さえれば
看護師で超幸せになることは可能なんです!


看護師として幸せになる転職術をこちらの記事で解説してます!
耐えるだけの看護師を終えたい方は読んでみて下さい。


看護師れもん

この記事があなたの人生の転機になる!

CHECK!「看護師の幸せを作る4ヶ条」これさえ知れば転職も安心!

何もしなかったら変わりませんよ!^^;


忙しいのはわかりますが、いつだって忙しいはず・・・。


今、1分読んでみるだけで
この先30年の人生が変わるかもしれないんですから
ちょっと立ち止まって読んでいって下さい♪



ポチッとすればシェアできますよ♪