私の転職体験記☆【育休中で→しかも転職経験ゼロ】の私が2週間で転職内定した話

私は
急性期病棟5年目
で産休に入り、出産。

そのまま育休を取得。


本当にそれが
自分が幸せになる選択なのか!?

悩みに悩んだ結果
転職に不利と言われる育休中ながら

僅か
2週間で転職内定
に成功しました。

 

そんな私が経験した

  • 育休中看護師の転職のリアル
  • 転職してみないと知り得ない裏事情
  • 育休中転職の成功ポイント

をお話ししたいと思います。

 

残業・夜勤必須の職場で
保育園のお迎え時間を戦いながら

肩身の狭い思い
して働くなんて


誰のため!?

って思います。

 

絶対
オカシイです。

 

この記事では
今まさに転職しようか
悩んでる人の

後押しになればと思います!!!

前職は子育てママ看護師が時短で帰れない&夜勤不可避「典型的ブラック病院」


私は
大学卒業後、

600床と
大規模な急性期病棟の

消化器内科・外科病棟に
配属されました。

 

そして、
5年目で妊娠・出産。

 

育休取った理由は


産後は
慣れた環境で働きたい。

子育て中の転職は不利
って聞くし、

時間を掛けて転職する
余裕もない・・・

って思ったから。

 

そして

産休に入る前に前の職場から、

前職の上司

育休取って復帰すれば
時短勤務出来るし、

夜勤も希望に合わせて
時期を調整するから。

って
言われてたからです!

 

めちゃくちゃ安易に
育休取ってしまいました。笑

 

でも、その後で

前職から聞かされてた
復帰後の職場待遇と現実

子育て出来る環境とは
かけ離れすぎてる

事実を知ったんですよね〜!!!

1. 子育てママ看護師が時短で帰れない

前の職場が
子育て出来る環境と
かけ離れてた理由は、

子育てママ看護師が
時短で帰れないのが普通

だったからです。

 

というのも、

私が働いていた
急性期病棟の
消化器外科・内科病棟は、

毎日2~3時間の残業が
当たり前だったんですよね。

 

原因は、

7対1看護
と言いながら、

  • 大部屋3つ
  • 定期入院
  • 重症患者
  • 緊急入院

平均10~12人
患者の受け持ち人数なこと。

 

さらに業務がめちゃくちゃ多いこと。

  • 手術や検査出し
  • 転出転入患者の対応
  • 時間外の面談の同席

8時間という勤務時間で
到底こなすことの出来ない

過酷な
勤務スケジュールだったんですよ。

 

時短勤務も
即戦力なので、

当然受け持ちの負担が
減らされるはずも無かったです。

 

ただ、同じ仕事量を
さらに短い6時間
しなきゃいけないだけ。

しかも給料は下がる・・・と。

 

本来ならば、
時短勤務が
消化できなかった仕事を

残りのスタッフに
割り振って
時短は帰りたい。

 

でも、残りのスタッフも
仕事の目途が立たず、

暗黙で時短が残業

という
負のスパイラル
陥ってました。

 

というわけで、

前職が
子育て出来る環境と
かけ離れてた理由は、

子育てママ看護師が
時短で帰れないのが普通

だったからです。

2. 子供が小さくても夜勤免除が受けられない!?

前の職場が
子育て出来る環境と
かけ離れてた理由は、

子供が小さくても
夜勤免除が受けられなかったからです。

 

その理由は、

前職の上司

アナタが夜勤入らないと
シフトが回らないから
安全な夜勤が出来ない。

と、

患者さんの安全
を建前にした

暗黙ルール
(本当は医療加算が目的)

夜勤が復帰の必須条件
なってたからです。

 

夜勤に入れば、

だだでさえ
ハードな日々に

  • 夜勤前・明けは絶対寝れない
  • 生活時間が家族と合わなくなる
  • 夜勤の日に子供が体調崩せば
    簡単には休めない

さらに
子育てとの両立が
難しくなるワケです。

 

産後1ヶ月面談の時点で

前職の上司
で、
夜勤は最低2回/月は
出来るよね!?

ってまず
聞かれた時は


あ、

子育て看護師の環境より
病院の経営を優先させるのか・・・。

ここでは
もう働けないな・・・。

って思いましたね。

 

というわけで、

前の職場が
子育て出来る環境と
かけ離れてた理由は、

子供が小さくても
夜勤免除が受けられなかった

からです。

転職を決定付けた保育園落選!! このままだと自分も子供も辛いだけ・・・


しかし、

慣れた職場
捨てきれず、

転職に踏み切る
勇気が無い私。

 

心の底では、

転職しなくても良いようにと
願っていました。

 

子供が保育園に入園さえ
出来れば、

朝、
旦那に送ってもらい

私が夜勤の日でも
旦那に保育園の送り迎え
して貰えるかも・・・。


まだ両立出来る余地
はある・・・

何とかなるだろう・・・

と、
思ってたんですね。

 

しかし!!!!

 

決定的な出来事で
目が覚めました。

 

それは、
保育園選考落選です。

 

というのも、

保育園に入れなければ
毎日過酷な通勤が待っていたからです。

 

院内保育に預けるため
小さい子供を抱えて

片道1時間掛かる通勤を
(しかも満員電車)

毎日しなければ
ならなかったからです。

 

そのためには、
毎日が超ハードスケジュール。

 

ギリギリまで
子供を起こさないよう

朝5時に起きて
慎重に支度しなきゃいけない。

 

もし
子供の機嫌が悪いようなら、

着替えもご飯も全部
上手くいかない・・・。

 

ハードなタイムスケジュールに

朝から
子供にイライラしちゃうだろうなぁ〜。

って考えたり。

 

もう職場行くだけで
ヘトヘトですよね。

 

仕事が終わっても
家に帰れば

どんなに頑張っても
18時か19時。

 

猛ダッシュでご飯作って
お風呂入れて寝かしつけて、

やっと一息出来るのは23時。

 

自分の時間は
1時間しかありません。

 

これを
毎日繰り返していくんです。

 

そうなれば、
きっとストレスの矛先は旦那に・・・

ここまで
みんなに辛い思いをさせて
復帰する必要ある??

もっと
現実的に考えないと!!

というわけで、

保育園落選を機に

現実的に
子育てが両立できる職場
を目指して

転職を決心したんです。

 

今思えば落選しといて良かったですね!笑

初めての転職で過度な期待はNG!! 自分だけでの職場探しには限界があった・・・

私にとって
初めての転職。

 

転職が
全てを解決してくれると
舞い上がってた私は、

いきなり、

転職の壁
ぶち当たります!!!

 

それは

好条件を求めすぎると、
選択肢が狭まる

ってこと。

 

特に私の場合は、

病棟看護師
という働き方にこだわるあまり、

本当に重要な条件が
絞りきれなかったんですよ。

 

例えば、

 

通勤30分内は絶対。

子供が急に病気になっても
対応出来る病児保育あり。

残業が夜勤ナシ
ゆっくり子供や旦那と過ごして、

プライベートの時間
ちゃんと確保出来る職場。

 

しかも、

 

ブランク明けのフォロー
しっかりした職場。

一から覚え直しで
ストレス溜めたくないし、

出来れば
キャリアも維持したいから

前職で自分が経験分野
働けたらサイコーだなぁ・・・

 

でも、

現実的なライン
考えないと

全てを網羅できる求人なんて
存在しないんです。

 

そして、あまりに
好条件過ぎるのも

求人に書いてあることと
事実が本当なのか

求人広告を見ただけでは怪しい・・・笑

 

というわけで、

私がぶち当たった転職の壁、
それは

好条件を求めすぎると、
選択肢が狭まる

ってことです。

 

ですから

本当に転職で求めたい条件
  1. 通勤30分以内
  2. 日勤のみ
  3. 24時間託児所あり
  4. 残業が少ない
  5. 子育て看護師が多い

この5つに絞り、

ヒットする職場の
実情や口コミを知るため

転職サイトに登録することに・・・

転職初心者の看護師は要注意!!! 転職サイトをミスれば転職は100%失敗する!?


初めての転職で
転職の基礎知識が無かった私は

正直


転職サイトなんて
どこも同じでしょ?

って思ってました。

 

でも、それは大間違い!!!!

 

実は、
登録する転職サイト。

 

これが
転職の命運を分ける

といっても
過言ではありません!!

 

初めて登録したのは、
「ナース人材バンク」でした。

 

求人のリンクから
たまたま登録したんです。

これが大失敗でした。

持ってる求人数が圧倒的に少ない

ナース人材バンクが
大失敗だった原因

それは、

持ってる求人数
が圧倒的に少ないってことですね

 

というのも、

私が提示した5つの条件の内で
実際提示されたのは、
たった3つをクリアした求人でした

 

それも
選択の余地はなく

今までの経験分野を
生かせる職場だが夜勤必須

だったり、

残業・夜勤ナシの職場だが、
通気30分以上掛かる

など、

全く希望に沿わない
職場ばかりだったんです!!!

 

というわけで、

ナース人材バンクは
ちょっと期待はずれでした・・・。

自分の欲しい情報が全く入ってこない

ナース人材バンクが
大失敗だったもう1つの理由、

それは

自分の欲しい情報が
全く入ってこない

ってことでしたね。

 

というのも、

調べればわかる程度の情報
しか教えてもらえなかったからです。

 

子育てママ看護師が
いかに働きやすいか?

とか

見えない病院の裏側を知りたいのに、
教えられるのは検索して出てくるような情報ばかり。

 

残業時間
院内保育
産後復帰率などの情報すら

一切ナシでした

 

それならサイトに登録する意味ないですよね。


全然子育てママ看護師の
ニーズを理解してない・・・

ここじゃいい転職に
巡り合えないな。

って心底
思いました・・・。泣

 

ということで

ナース人材バンクが
大失敗だった理由。それは、

自分の欲しい情報が
全く入ってこないってことでした。

面接への持っていき方がかなり強引

で、で、
ナース人材バンクが
大失敗だったもう1つの理由、

それは、

面接への持っていき方が
かなり強引

だったってことでしたね。

 

というのも、

病院や施設を
提示するだけ提示して、

こちらの反応を待つこともなく、

履歴書や面談日程を
迫ってこられました・・・。

 

初めての転職で
段取りも分からないってのに
ほんと嫌な感じでした。

 

というわけで、

ナース人材バンクが
大失敗だった理由、

それは、
面接への持っていき方が
かなり強引だったからなんです。


で、そんなこんながあって

ナース人材バンクとはお別れしましたね。

 

このままでは
段取りも分からず

ナース人材バンクに
流されるまま


妥協した職場に
転職しかねない!!!!

そう思い
ナース人材バンクとの
連絡は一切断ちました。

CHECK!看護師転職サイトを徹底比較!!〇〇にすれば間違いなし!!

育休中看護師が転職成功するカギは、いかに自分に合う転職サイトを見つけるか!?


育休中の看護師が
転職に成功するカギは

いかに

  • 子育てママ看護師の
    ニーズにマッチした転職サイト
    を見つけられるか
  • 子供の負担無く
    転職を進めるか

だと思います。

 

で、私が登録したのは

です。

 

実は自分で選んだんじゃなくて
同僚にめちゃくちゃオススメされて
半ば仕方なく登録しました。笑

 

でも
看護師のお仕事
自分のニーズに一番合って担ですよ!

 

というのも、

こちらは先程と違い、
圧倒的に
求人数が多いんですよ。

そして

子育てママ看護師の目線
に立ってアドバイスしてくれます。

 

  • 離職率
  • 平均残業時間
  • 有休消化率
  • 院内保育の詳細
  • ブランクへの対応

など

欲しい情報を
めちゃくちゃ詳しく
提供してくれましたよ!!!

 

しかも、

初めての転職であることや
育休中であることだって考慮してくれます。

  • 転職の流れや日程の目途を
    丁寧に教えてくれる。
  • 子供を考慮した
    時間帯に連絡を取り合ってくれる。
  • 子供を何回も預けることなく
    短期間で終わるように面談スケジュールを工夫してくれる。

 

ですから、


子育てママ看護師のニーズを
しっかり理解してくれてる!!!

この安心感


きっと
子育て環境が充実した
転職につながる!!

という
自信になりました。

 

面接に臨む際も

ここにテキストを記載履歴書の添削~過去の質問傾向〜面接官の人柄

まで

本当に詳しくポイントを
教えてくれましたよ。笑

 

だからこそ!

サイト登録から
わずか2週間

スピード内定に成功しました。

 

というわけで、

育休中の看護師が
転職に成功するカギは

いかに

子育てママ看護師の
ニーズにマッチした転職サイト
を見つけられるか

と、

子供の負担無く
転職を進めるか

だと思います。

⬇︎登録はこちら⬇︎

内定が出た2つの病院の対比!! 見極めのコツは「自分が一番優先すべきこと」


応募して内定が出たのは2病院。

でも

給料も同じ、
子育てママ看護師が多いのも同じ

どちらも
メリット・デメリットありで

めちゃめちゃ
悩んだんですよね~

1.透析メインの総合病院の一般病棟(日勤常勤)

残業ほぼナシ
プライベートが確保しやすし。

さらに

ブランク明けの未経験分野でも、
フォローアップ体制が整ってる。

 

無理なく
子育てと仕事が両立出来る

ことに期待して応募しました。

メリット
  • 平均残業5時間以下
  • 年間休日119日+特別休暇11日
  • 有給消化率100%
  • 中途で未経験でも教育や研修制度あり
デメリット

  • 病院がめちゃめちゃ古い(2年後移転予定)
  • 一般病棟でも透析患者がメインなので
    未経験分野
  • 年齢層が高く
    ベテランお局看護師も多そう
  • 24時間保育はあるが、
    病児保育がない

2. 創立6年のグループ病院の一般病棟(日勤常勤)

経験分野に配属して貰えるので、
キャリアを生かしながら働ける。

 

そして

保育設備が整ってるので

子供が万一病気でも

病児保育に預けながら
肩身の狭い思いせず働けると
期待して応募しました。

メリット
  • 創立が浅く中途採用が多い
  • 福利厚生が整っており、
    24時間保育・託児所あり
  • 子育てママ看護師が多いので
    子育てに理解が得られる

  • 急患が多く
    平均残業8~20時間/月とムラあり
  • 年間休日104日+特別休暇2日
  • 働く看護師の年齢層が
    30歳代と若干若い
  • 中途で子育て中でも
    委員会活動や係あり

悩みに悩みましたが、

透析メインの総合病院の
一般病棟(日勤常勤)

に決めました。

 

というのも、

決め手となったのは
プライベートの時間ですね♪

 

働く以上
一番大切にしたいのは
家族との時間です。

 

時間に余裕が無ければ
結局は前職と同じ状態
なっちゃいますから・・・。

 

もちろん、

もう一方の
グループ病院では

自分の経験分野が活かせる

っていう
アドバンテージが
ありますが・・・。


今優先すべきは
そこじゃない

って思ったんです。

 

ですから、

透析メインの総合病院の
一般病棟(日勤常勤)

に決めました。

⬇︎登録はこちら⬇︎

もう一つの決め手が逆質問!! 自分の直観って結構大事!!(※参考程度)


これは参考程度ですが

実は・・・

もう一つの決め手は
自分の直観です。

 

というのも、

創立6年のグループ病院の
面接をした際に、

何とも言えない違和感を感じたんですよね~

 

その違和感を
引き出すキッカケになったのが

逆質問

 

よく、
面接の終わりに

なにか質問はありませんか?

って聞かれるアレです。

 

逆質問って
結構大事なんです!!!!

 

というのも

やはりどの病院も
自分の病院の良い所を見せますよね。

 

そこで、

思いもよらない質問
をしてみると、

病院の裏側
が見えてくるんですよね。笑

 

創立が浅い分、

  • 看護師同士の
    連携が曖昧だったり、
  • 教育体制
    完全ではなかったり、
  • 看護部長でも
    把握してないことが
    多かったり・・・

そういった点が
何となく違和感として
残ってたようです。

 

案の定、

病院口コミを調べてみると

  • はるかに残業時間が
    多かったり、
  • ベテランと新人の人間関係が悪かったり

病院側の説明と実情違ってました

 

なので、

自分の直観に
聞いてみるのも一つの手

だと思いますよ。

⬇︎登録はこちら⬇︎

私が育休中転職をしてみて感じたのは、育休中でも転職で不利にならないってこと!!


私が育休中転職をしてみて
感じたのは、

育休中でも転職に
不利にならない

ってこと。

1. 育休中でも希望条件を満たす職場は見つかる

私は転職って
最低でも2ヶ月かかるし

まして小さい子供がいながら、
転職サイトのやりとりや、
病院見学や面接なんて

そう時間掛けてられない
って思ってました。

 

そして

 

時間を掛けられなければ

結局
妥協した職場
なるんじゃない?

 

正直全然
期待してなかったんです。

 

でも、

自分にマッチした
正しい転職サイト
を見つければ話は変わります!

 

持ってる求人数が
多ければ多いほど、

希望条件を満たす職場に
出会う確率
高くなります!!!

 

そして、

もう一つ大事なポイントは
転職する時期ですね。

 

これは
後で知ったんですが、

私がたまたま
転職を開始した7月

 

これが、

ボーナスを貰う6月に
退職者が増えるため、

丁度求人数が多い時期
だったんです。

 

ですから、

転職を開始する前に
転職に適した時期

調べとくのって大事ですよ!!

2.育休中でも短期間で転職できる

これは転職してみて
初めて知ったんですが、

子育てで忙しい看護師は
病院見学と面接が同日に

出来るんです。

 

これなら、

何度も子供を預けなくても
良いですし、

短期間での転職
可能になりますね。

 

万一、

実際見学してみて
自分に合わなければ

転職サイトを通じて
転職を取り下げることも
出来ますし、

一回に複数の病院や施設に
応募することが可能

なんです。

 

このお陰で、


絶対この1回の面接で
成功させなきゃ!!

っていう
プレッシャーも無く


じゃあ
受けてみよっかな~

ってくらい
リラックスして
臨めました。

3.育休中は必ずしも面接に影響しない

育休中で転職って

マイナスポイントでしかない
と思ってました。

 

転職先の印象からしても良くない

また辞めるかもって思われるだろうな

 

でも、

  • 自分が今までどういう看護を
    してきたか
  • これからどういう看護
    をしていきたいか
  • 自分が長く働くつもり
    でいること

を自分の言葉で
しっかりと伝えれば

育休中
っていうのは

さほど
合否に影響ない
って感じました。

 

ですから、

育休中で
なかなか転職に踏み切れない人も

思い切って転職して

自分の幸せのための行動

を起こして欲しいと思います!!!

⬇︎登録はこちら⬇︎


ということで、

今回は私の転職活動期をお送りしてきました。

 

転職するなら看護のお仕事
が絶対にオススメです!

 

ですので転職される方は是非利用してくださいね!

登録したって
絶対に転職しなきゃならない
なんてことは無いんです。

 

「ちょっと求人の情報もらいたいなぁ〜!」
くらいの気軽な気持ちで登録されてみてはいかがでしょう?

 

想像以上に良い求人が待っていますよ!

CHECK!【実体験】転職なんて諦めかけてた私の転職ストーリー

私は本気で看護師さんに幸せになって欲しい

私は辛いままの看護師さんを救いたい!

これまで書いた記事は200記事。

これだけ情報を集めてきて思うのは
耐えてるだけでは状況は変えられないってことです。


看護師れもん

給料が低くても
体が、心がボロボロでも
耐えてるだけでは何も変わりません!


そんな中一番確実で簡単なのが転職することです。


  • 職場では怒られてばかり
  • 会話すら楽しめない
  • 勤務中に涙が止まら無い
  • 心に余裕がなくて家族にも迷惑をかける

こんな暮らしをしてきた看護師さんが、1ヶ月後には


  • 給料が上がった
  • 同僚との会話が楽しい
  • 子供と会える幸せな毎日
  • プライベートも楽しめる

って暮らしをしてたりします。

看護師れもん

行動した人の生活は
変わっていっています!


学生時代から勉強して受験に受かって
看護学校で勉強し
壮絶な看護実習を仲間と乗り越えて
晴れて看護師になって・・・我慢地獄。



こんな人生おかしい!
苦しいだけの看護師はやめましょう!


看護師って、もっと幸せに働くことができます。

4つのポイントさえ押さえれば
看護師で超幸せになることは可能なんです!


看護師として幸せになる転職術をこちらの記事で解説してます!
耐えるだけの看護師を終えたい方は読んでみて下さい。


看護師れもん

この記事があなたの人生の転機になる!

CHECK!「看護師の幸せを作る4ヶ条」これさえ知れば転職も安心!

何もしなかったら変わりませんよ!^^;


忙しいのはわかりますが、いつだって忙しいはず・・・。


今、1分読んでみるだけで
この先30年の人生が変わるかもしれないんですから
ちょっと立ち止まって読んでいって下さい♪



ポチッとすればシェアできますよ♪