看護師のパートの掛け持ち(ダブルワーク)のメリットと注意点!!

パートを掛け持ち(ダブルワーク)する看護師って意外といるんですよ。

パートを掛け持ちするくらいなら常勤になった方がいいんじゃないの?
そう思う看護師も多いはずです!

パートよりも常勤の方が看護師の年収は高いですからね。

でもパートを掛け持ちする人には
常勤になるよりもパート掛け持ちの方がいい理由がありますよね!

ということで今回は
看護師のパート掛け持ちの実態を紹介しようと思います。

ダブルワークが気になっている看護師もいるんじゃないですかね。

でも安易な考えでパート掛け持ちをすると
休みが全くなくて疲れ切ってしまうなんてことになりかねない
ですよ。

ただでさえ看護師の仕事はハードですからね。

ここで紹介する
看護師がパートを掛け持ちする注意点を読めば
自分の生活に掛け持ちがあっているのかが見えると思いますよ。

看護師がパートを掛け持ち(ダブルワーク)する理由は??
働き方のパターンは??

看護師なんだからパートを掛け持ちするよりも常勤の方がいいのでは…

そんな疑問を抱く看護師もいるんじゃないですかね。

ここでは実際にパートを掛け持ちしている看護師の
働き方のパターンを紹介しようと思います!

 看護師の日勤のパートと夜勤専属の掛け持ち

看護師でパートを掛け持ち(ダブルワーク)しているという人の中には
日勤のパートと夜勤専属の掛け持ちというパターンがあります!

クリニックは日勤のみのところが多いですよね。

それに平日1日、土曜日半日、日曜祝日が休診のクリニックがほとんどじゃないですか。
そうすると「時間を有効に使ってもっと稼ぎたい」と思う看護師もいるんですよ。

看護師の掛け持ちの仕事で人気なのは夜勤専属なんですよ。
夜勤専属のパートは掛け持ちOKというか掛け持ち前提で募集していますね。
1回で2~4万円代と高収入が見込めますよ!

私が働く職場の夜勤専属はなんと1回35000円なんですよ!!
17時間勤務なので拘束時間は長いですけど、この金額はすごいですよね。
週に1回入れば月に4回で14万円の収入です。

看護師の常勤と夜勤専属の掛け持ち(ダブルワーク)

看護師でパートを掛け持ち(ダブルワーク)しているという人の中には
常勤と夜勤専属の掛け持ちというパターンがあります。

常勤と夜勤専属の掛け持ちをする看護師なんているのと
驚く看護師も多いと思います。
パートじゃなくて常勤との掛け持ちですからね。

知り合いに数名いるんですよ。
常勤と夜勤専属パートの掛け持ちをする理由は
趣味のために稼ぎたいからなんですって。

常勤の職場の夜勤明けで、パートの方の夜勤をやっていますよ。
かなり体力に自信がないとできないことですね。
体調管理も重要になってきます。

看護師の夜勤専属の掛け持ち(ダブルワーク)

看護師でパートを掛け持ち(ダブルワーク)しているという人の中には
夜勤専属同士の掛け持ちというパターンがあります。

完全に夜の女ですね(笑)

夜勤専属の掛け持ちなんて
いくらパートでもきついんじゃないかなと思うんですよね。

実際に掛け持ちしている看護師に聞いたところ
「昼間常勤で働く方が無理。夜専なら残業ない責任も重くないから」
そう言っていましたよ。

看護師なのでパートだろうと夜勤専属だろうと
ある程度の責任はありますし、急変だってあります。

でも昼間の仕事と比べれば利用者さんは寝ていますし
残業するようなこともないですからね。

夜勤専属は毎月同じ回数入れるとは限らないので
給料は日勤看護師のパートと比べても変動するんですよ。

夜勤専属のパートを掛け持ちすることで比較的安定した収入になるんですよ。

自営業の夫を支えながら看護師のパートを掛け持ち(ダブルワーク)

看護師でパートを掛け持ち(ダブルワーク)しているという人の中には
旦那さんが自営業でその手伝いをしながらパートをするというパターンがあります。

この場合、掛け持ちとは少し違うかもしれませんが
私の周りでも何人かいるので紹介しますね。

自営業だと会社員と違って毎月安定した収入があるとは限らないんですよね。
なので従業員を雇う余裕がないことが多く、奥さんが看護師でパートをする人もいますよ。

働き方はいろいろあって、夜勤専属のパートをする看護師もいますし
市町村の休日夜間診療所のパートをしている看護師もいますね。
この休日夜間診療所のパートは時給2000円前後という高時給のことが多いですよ。

他にも、午前中だけクリニックのパートという働き方をする看護師もいますよ。
看護師なら家業を支えながらパートを掛け持ちすることだってできますね!!

常勤orパート看護師をしながら単発・短期のバイトを掛け持ち(ダブルワーク)

看護師でパートを掛け持ち(ダブルワーク)しているという人の中には

普段は常勤かパートで看護師の仕事をしているけど
来月旅行に行くからお小遣い稼ぎをしたいと思う看護師もいます!

看護師なら単発・短期のバイトの募集もあるので
上手く時間が合えば掛け持ちが可能なんですよ。
デメリットは地方では求人が少ないことですね。
私も探したことがありますが近場では見つからなかったです(泣)

単発の看護師の仕事で代表的なのは
献血ルーム健診センターの採血ですよ。
1日のみという募集や、週1回OKという求人もあるんですよ。
ただし即戦力が求められるので採血が苦手な人には向かないですね(泣)

他にも単発の看護師の仕事はいろいろあるんですよ!
イベント会場の救護室
プール、スキー場の救護室
ツアー旅行の付き添いをするツアーナース

これも万が一の時には判断力が求められて責任重大ですけど
ツアーナースなんて交通費や宿泊費相手持ちなので
ちょっとした旅行気分で仕事ができると人気なんですよ。
日給1万~1万2000円が相場なので時給にすると高くはないですよ。

 

看護師がパートを掛け持ち(ダブルワーク)するメリットは?

看護師さんがパートだとしても2つの仕事を掛け持ちする(ダブルワーク)のって
相当大変そうですよね。

それでも掛け持ちをする看護師がいるのは
それだけメリットがあるということなんですよ。

ここでは看護師がパートの仕事を掛け持ちするメリットを紹介しますね。

看護師がパートを掛け持ち(ダブルワーク)するメリット①収入アップにつながる

看護師がパートを掛け持ち(ダブルワーク)するメリットは
単純に収入アップができるということです!

パートは働けば働いただけ収入につながりますよね。
1回3万5000円の夜勤専属パートを4回やれば14万円の収入になります。

空いた時間に短時間の看護師パートを掛け持ちしようと思うと
看護師のパートの時給相場は1500円なので
週2回、1日3時間という短時間の掛け持ちだとしても1ヶ月の収入は
1500(円)×3(時間)×2(回)×4(週)=3万6000円になりますね。

常勤で働く看護師の場合3万6000円稼ごうと思うと
3交代の場合は夜勤10回分、2交代の場合は夜勤3~4回分に相当するんですよ。

日勤のみのパートをしているけど常勤はちょっと…という看護師も
短時間・短日のパートを掛け持ちすれば収入アップになりますよね。

看護師がパートを掛け持ち(ダブルワーク)するメリット②いろいろな経験を積むことができる

看護師がパートを掛け持ち(ダブルワーク)するメリットは
ろいろな経験を積むことができるということです!

一つの職場で働いていると転職しない限りはその職場しか知らないですよね。

でも看護師がパートの掛け持ちをすればいろんな職場を知ることができるし
それだけ経験を積むことができますよ。

掛け持ちをすると2か所の仕事を覚えないといけないぶん大変ですけど
それだけ看護師としての勉強にもなりますよね。

看護師がパートを掛け持ち(ダブルワーク)するメリット③やりたい仕事をしながらお小遣い稼ぎができる

看護師がパートを掛け持ち(ダブルワーク)するメリットは
やりたい仕事をしながらお小遣い稼ぎができるということです!

メインでやっている仕事が自分のやりたい看護だとしても
給料面で不満があることだってありますよね。
看護師はパートを掛け持ちすればお小遣い稼ぎも可能なんですよ。

給料面で不満があったとしても、収入を補うために
パートを掛け持ちできればメインの看護師の仕事も続けられますよね。

訪問看護は日勤のみのところが多いじゃないですか。
オンコールがあったとしても夜勤と比べたら手当はわずかですよね。
訪問看護はやりたい仕事だけど日勤だけだと給料が…
という看護師には夜勤専属のパートがおススメですよ。

看護師がパートを掛け持ち(ダブルワーク)するデメリットと注意点!!

看護師さんがパートを掛け持ち(ダブルワーク)すると
デメリットと注意点があるんですよね!

ってことで解説していきますね!

ただでさえ忙しくて大変な看護師の仕事なので
パートであっても掛け持ちは大変なことです!

もちろんデメリットだってあるんですよ。

ここでは看護師がパートを掛け持ちするデメリットや注意点を紹介しますね。
パートを掛け持ちすれば収入アップ!と安易に掛け持ちすると
体調を壊してしまったり、全く休みがなくて自分の時間がなくなったなんてことになってしまいますよ。
パートを掛け持ちするときに考えなければならない税金の問題もありますよ!

看護師がパートを掛け持ち(ダブルワーク)する注意点①体調を崩さないように注意!!

看護師がパートを掛け持ち(ダブルワーク)するときに
どちらも週3~4日働く全く休みがなくなってしまいますよね。

いくら収入がアップしても休みがなければ体調を崩してしまいますよ。

無理な働き方はしないで片方の職場は週1~2日にするなど
休みをとれるような勤務がいいですね。

看護師は人手不足のところが多いので
上司から「もっと働いてくれない?」「常勤にならない?」
なんていう誘いが来るかもしれませんが自分に無理のない範囲で働くのがいいですよ。

看護師がパートを掛け持ち(ダブルワーク)する注意点②確定申告の対象なら忘れずに申告を!

看護師がパートを掛け持ち(ダブルワーク)する注意点は
確定申告についてです!

年末調整は1つの職場でしかできないんですよ。

なので看護師がパートを掛け持ちする場合
どちらかの収入が20万円を超えたら確定申告しないといけないんですよ。

払い過ぎている税金は還付されますし
少ない場合は追加で納税しなければなりませんよね。
税金関係は注意しましょう。

確定申告の際に住民税の普通徴収申告をすれば職場の給料から天引きされないので
メインで働いている職場に掛け持ちがばれずにすむんですよ。
内緒で掛け持ちしている場合は普通徴収の申告をお忘れなく!

看護師の場合はパートも時給が高いので20万円はあっという間に超えてしまいますね。
確定申告は義務になるので20万円を超えたら必ず申告しましょう!

看護師がパートを掛け持ち(ダブルワーク)する注意点③興味のある職場で働く

看護師がパートを掛け持ち(ダブルワーク)するときに
自分の苦手な分野嫌いな仕事は避けた方がいいですよ。

メインの仕事は興味のある仕事だけど
掛け持ちしているパートの仕事は興味ないなんてなると
看護師の掛け持ちがつらくなってしまいますからね。

看護師がパートを掛け持ち(ダブルワーク)する注意点④なるべく近くの職場を選択しない

看護師がパートを掛け持ち(ダブルワーク)する注意点は
なるべく近くの職場を選択しないということです。

クリニックのパートを2か所掛け持ちしたとして
近くの職場で掛け持ちして患者さんや職員と遭遇する気まずいじゃないですか。

それに片方のクリニックの患者さんがもう片方のクリニックにたまたま来たとして
同じ看護師がいると知れば「個人情報を漏らされていないか」という不信につながってしまうんですよ。

看護師がパートを掛け持ち(ダブルワーク)する注意点⑤掛け持ちのパートを同時にスタートしない

看護師のパートの掛け持ち(ダブルワーク)を2か所同時に初めてしまうと
同時進行で仕事を覚えないといけないので大変じゃないですか。
こんがらがってミスしてしまう恐れもありますよね。

看護師がパートを掛け持ちするときは
1つの職場の仕事が落ち着いてからもう1つの仕事を始めるのがいいですよ。

看護師でパートの掛け持ち(ダブルワーク)OKな求人って多いの??

看護師の求人を見ると(パートの)掛け持ち・ダブルワークOKという言葉を
目にすることがありますよね。

全ての看護師の職場が掛け持ち可というわけではないんですよ。

就業規則に副業禁止と明記されていることもあるので注意が必要です。

公立病院の場合、看護師も公務員になるので副業禁止
つまり他の職場でパート掛け持ちすることはできないんですよ。

禁止されている場合バレると解雇になる恐れもあるんですよ。

掛け持ち可能なことが多いのは
クリニック
介護施設
献血ルーム健診センター

週1からOK」「1日3時間からOK」のように
短時間で募集しているところはパートの掛け持ち可能なことが多いですよ。
単発や短期の募集は人気なので非公開求人になっていることもありますよ。

転職サイトを使えば詳細の求人を知っているので
パートの掛け持ちOKなのかの確認もできますよ。
単発の求人も転職サイトを使って探すことができます!

メインの職場で常勤で働いている看護師は
掛け持ちのパートを始める前に必ず就業規則を確認してくださいね。

看護師のパートの掛け持ち(ダブルワーク)のまとめ

1. 看護師がパートを掛け持ち(ダブルワーク)するパターンは

  1. 日勤のパート夜勤専従の掛け持ち
  2. 常勤夜勤専従の掛け持ち
  3. 夜勤専従の掛け持ち
  4. 自営業を支えながら看護師のパート
  5. 単発・短期のパート・バイトを掛け持ち

2.看護師がパートを掛け持ち(ダブルワーク)するメリット

  1. 収入アップにつながる
  2. いろいろな経験を積むことができる
  3. やりたい仕事をしながらお小遣い稼ぎができる

3.看護師がパートを掛け持ち(ダブルワーク)するときのデメリット・注意点

  1. 体調を崩さないように注意する
  2. 年間の収入が20万円を超えたら確定申告を忘れずに
  3. 興味のある職場で働くこと
  4. 気まずくならないよう、なるべく近くの職場を選択しない
  5. 掛け持ちのパートを2つ同時にスタートしない

4.看護師でパートの掛け持ち(ダブルワーク)OKな求人は

  1. クリニック
  2. 介護施設
  3. 献血ルーム
  4. 健診センター

就業規則で副業を禁止している場合もあるので必ず確認を。

CHECK!【実体験】転職なんて諦めかけてた私の転職ストーリー

私は本気で看護師さんに幸せになって欲しい

私は辛いままの看護師さんを救いたい!

これまで書いた記事は200記事。

これだけ情報を集めてきて思うのは
耐えてるだけでは状況は変えられないってことです。


看護師れもん

給料が低くても
体が、心がボロボロでも
耐えてるだけでは何も変わりません!


そんな中一番確実で簡単なのが転職することです。


  • 職場では怒られてばかり
  • 会話すら楽しめない
  • 勤務中に涙が止まら無い
  • 心に余裕がなくて家族にも迷惑をかける

こんな暮らしをしてきた看護師さんが、1ヶ月後には


  • 給料が上がった
  • 同僚との会話が楽しい
  • 子供と会える幸せな毎日
  • プライベートも楽しめる

って暮らしをしてたりします。

看護師れもん

行動した人の生活は
変わっていっています!


学生時代から勉強して受験に受かって
看護学校で勉強し
壮絶な看護実習を仲間と乗り越えて
晴れて看護師になって・・・我慢地獄。



こんな人生おかしい!
苦しいだけの看護師はやめましょう!


看護師って、もっと幸せに働くことができます。

4つのポイントさえ押さえれば
看護師で超幸せになることは可能なんです!


看護師として幸せになる転職術をこちらの記事で解説してます!
耐えるだけの看護師を終えたい方は読んでみて下さい。


看護師れもん

この記事があなたの人生の転機になる!

CHECK!「看護師の幸せを作る4ヶ条」これさえ知れば転職も安心!

何もしなかったら変わりませんよ!^^;


忙しいのはわかりますが、いつだって忙しいはず・・・。


今、1分読んでみるだけで
この先30年の人生が変わるかもしれないんですから
ちょっと立ち止まって読んでいって下さい♪



ポチッとすればシェアできますよ♪