看護師がお金のために働くのは間違い??【白衣の天使の葛藤とは!?】

看護師ってやっぱり給料いいし、 何より一生食うに困らないからいいよね!

 

看護師れもん
ナースさんが看護師に
なろうとしたきっかけは何?

 

やっぱり白衣の天使って感じで、患者さんのために尽くすのことに憧れたからかな〜。

 

看護師れもん
ふ〜ん、…で、今はどうなの?

 

夜勤がきつい!
患者さんからの暴言はひどい‼︎
お金のためって割り切って
働かないとやっていけない‼︎

 

 

看護師の仕事って本当に大変ですよね。

 

唐突ですが、わたしは、

 

看護師がお金のために働くのは
間違いではない‼︎

 

と思います。

 

看護師がお金のために働くって
看護師として、どうなんだろう…

 

患者さんに失礼かな…

 

他の看護師にどう思われるのかな…

 

と悩む看護師もいるでしょうね。

 

たしかに白衣の天使と呼ばれるように、
聖職のイメージが根強い看護師。

 

お金のために働くことには
葛藤を感じるかもしれませんね。

 

しかし、働くということは
お給料をもらうことであり、
お給料がないと私たちは生活ができません。

 

患者さんを看護することもできませんよ‼︎

 

ですので看護師がお金のために割り切って働くことは何も悪いことではありません。

 

というわけで、今回は
看護師がお金のために働くこと
について考えていきたいと思います。

 

看護師はお金のため!という
本音を正々堂々と言っていい!

看護師はお金のため!という
本音を正々堂々と言っていいんです!

 

なぜなら

 

看護師もそれ以外の人も全部ひっくるめて

働く理由で上位にくるものが

 

生活のため、
収入を得るため、
家族を養うため 

 

=お金のためだからです。

 

それなのに、なぜ看護師は、お金のため、
と正々堂々と言えないのでしょうか。

 

聖職と言われているから?

患者さんに失礼だから?

 

看護師は
何も特別な人間ではありません。

 

普通の人間です。

 

お金のために働くって
世間一般では当たり前のことなんです

 

ですから、

 

看護師はお金のため!という本音を
正々堂々と言っていいんです!

 

看護師を目指す動機はお金のため!の方が理想と現実に悩まされない。

 

看護師になる動機はお金のための方が
理想と現実に悩まされずにすみます。

 

なぜなら、
看護師に理想や夢を抱いてる人ほど、
実際の現場に出た時にギャップを
感じやすいからです。

 

看護師を目指す動機として、

 

医療ドラマに出てくる看護師に憧れた。
親や身内が、看護師をしていて憧れた。
入院した時の看護師が優しくて憧れた。
看護師は専門職だし、お金が安定している。

 

というのは、よくある動機ですね。

 

憧れて…というのは自分のイメージで
理想の看護師を作り上げてしまっている
ところがあります。

例えば

患者さんや家族に頼られる看護師
患者さんとじっくり向き合う看護師
患者さんにいつでも優しくできる看護師

 

まさに理想の看護師ですね。

 

実際は

 

患者さんや家族に罵られ…こき使われ…

患者さんとじっくり向き合う時間もなく
走り回って髪を振り乱し…

ナースコールをおしまくる患者さんに鬼の形相で接するという…

 

こんなはずじゃなかった‼︎

 

と悩み、理想と現実のギャップ
疲弊することでしょう。

 

しかし、

 

専門職だし、お金が安定している

というのは

 

理想でもなんでもなく
事実です。 

 

現場に入っても
理想と現実のギャップに
悩まされることはないですね‼︎

 

というわけで

 

看護師になる動機は
お金のための方が
理想と現実のギャップに
悩まされずにすみます。

 

看護師はお金のために働いた方が長続きできる!

 

看護師はお金のために
働いた方が良いです。

 

なぜなら、
その方が長続きするからです。

 

看護師が働く理由として、

 

患者さんが元気に退院できるように
サポートしていきたい。

患者さんの心に寄り添いたい。

生活のため、お金のため。

自身のキャリアアップのため。

 

などがありますね。

 

患者さんのために働くって
白衣の天使そのものですね!

 

しかし、

 

最初こそ、

患者さんのため

と、必死でやっていても

いつのまにか

 

患者さんのためを思って言ってるのに!
患者さんのためにこんなにしてあげてるのに!

 

と、

患者さんを責めるようになり、

 

そして、

 

自己嫌悪…

辞めたくなる

 

となってしまいます。

 

でも、働く目的がお金のためだと、

例えやる気や向上心がなくて、

嫌なことがあっても、

 

ま、いっか!

お金もらってるから

最低限のことはやろう‼︎

 

と、割り切れますよ。

 

いい意味でドライになれます。

 

私の知人である看護師は、

 

「私は看護師に向いてないけど、
こんなに給料もらえるのは
看護師くらいしかないし、
他の仕事は考えられない‼︎」

 

と言ってます。

 

ちなみに、
とあるアイドルの追っかけをしているようで、遠征の費用がものすごくかかるみたいです!

 

お金の原動力ってすごい‼︎

 

長続きするわけですね‼︎

 

長続きする中で、


昇進しちゃったり、
やりがいを見つけたり

することだってありますね。

 

というわけで、

 

看護師はお金のために働いた方が長続きします。

 

お金目当で働いていたとしても、看護師として得るものがたくさんある!

看護師になった動機や続ける目的が
お金目当てだったとしても、
看護師として得るものが
たくさんあります。

 

なぜなら、どんな目的であれ、

 

看護師としての経験年数が増えるほど、知識と技術は嫌でも身につきます。

 

それは失うことのない、
自分の一生ものの宝です。

 

というわけで

お金目当で働いていたとしても、
看護師として得るものがたくさんあります。

 

看護師お金のためのまとめ

 

私も、看護師を目指す動機は、
専門職でお給料が安定している
ということでした。

 

オブラートに、包んでいますが

要はお金のためですね。

 

いままで、とくにそれが悪いとか、
罪悪感とかは全くなかったです。

 

ですので、

 

看護師はお金のために働くのは、よくないことなのかな?

 

と悩んでいる看護師がいることに驚きました。

 

きっと心のどこかで

患者さんや、一緒に働いている看護師に
申し訳ないと思ってしまう

常識的で真面目で
素晴らしい看護師

なんだろうなって思います。

 

しかし、
お金がないと私達は生活ができません。

 

お金に余裕がなければ、
不安からストレスもたまりますし、
患者さんの看護どころではありません。

 

看護する側の人間が、お金の心配することなく、心に余裕を持つことは結果的に
良い看護につながっていきます。

 

ですのでこれからも正々堂々と、

お金のために
看護師を続けていきましょう!

 

応援しています!

 

CHECK!【実体験】転職なんて諦めかけてた私の転職ストーリー

私は本気で看護師さんに幸せになって欲しい

私は辛いままの看護師さんを救いたい!

これまで書いた記事は200記事。

これだけ情報を集めてきて思うのは
耐えてるだけでは状況は変えられないってことです。


看護師れもん

給料が低くても
体が、心がボロボロでも
耐えてるだけでは何も変わりません!


そんな中一番確実で簡単なのが転職することです。


  • 職場では怒られてばかり
  • 会話すら楽しめない
  • 勤務中に涙が止まら無い
  • 心に余裕がなくて家族にも迷惑をかける

こんな暮らしをしてきた看護師さんが、1ヶ月後には


  • 給料が上がった
  • 同僚との会話が楽しい
  • 子供と会える幸せな毎日
  • プライベートも楽しめる

って暮らしをしてたりします。

看護師れもん

行動した人の生活は
変わっていっています!


学生時代から勉強して受験に受かって
看護学校で勉強し
壮絶な看護実習を仲間と乗り越えて
晴れて看護師になって・・・我慢地獄。



こんな人生おかしい!
苦しいだけの看護師はやめましょう!


看護師って、もっと幸せに働くことができます。

4つのポイントさえ押さえれば
看護師で超幸せになることは可能なんです!


看護師として幸せになる転職術をこちらの記事で解説してます!
耐えるだけの看護師を終えたい方は読んでみて下さい。


看護師れもん

この記事があなたの人生の転機になる!

CHECK!「看護師の幸せを作る4ヶ条」これさえ知れば転職も安心!

何もしなかったら変わりませんよ!^^;


忙しいのはわかりますが、いつだって忙しいはず・・・。


今、1分読んでみるだけで
この先30年の人生が変わるかもしれないんですから
ちょっと立ち止まって読んでいって下さい♪



ポチッとすればシェアできますよ♪